悪魔のミカタ666〈2〉スコルピオン・テイル (電撃文庫)

著者 :
制作 : 藤田 香 
  • メディアワークス
3.45
  • (9)
  • (6)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840239172

作品紹介・あらすじ

"死んだ恋人・冬月日奈を生き返らせる"-堂島コウの願いが叶うかどうかは、皮肉なことに『イブ』と呼ばれる異性の存在にかかっていた!悪魔ベルゼバブからその事実を聞いた小鳥遊恕宇、真嶋綾、舞原イハナ-『イブ』候補の資格を持つ三人の少女たちは、それぞれの決意のもと、三日間、順番に、コウにアプローチをかけることになったのだが…。一方、全ての事実をナイショにされた堂島コウ。己の身体の異常に加え『イブ』候補たちの"本気"のアプローチを前に、さすがの『悪魔のミカタ』もとうとう我慢の限界か-!?人気シリーズ、新章第2弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  新書購入 

     ファンタジー。ライトノベル。シリーズ。推理物。

     魂集め編が終了し、イブ編に突入。
    コウは果たして、誰を選ぶのか。

     今回の話は「告白」ですね。
     改めて仕切りなおし。
     最終が見えてきてます。伏線の回収。
     吸血鬼編で、たくさんまいてましたものね、伏線。

     コウは誰を選ぶのか。
     まだまだ不明。
     そして、葉切の強さが浮き彫りに。
     そしてまた、名演説。悪魔のミカタは学校の先生とかが見本にした方がいいような、スピーチ多い(笑)
    「壁に挑戦したい」「わくわくしたい」
     赤毛の少女、朝比奈奈々那はそう言って、舞原家のイハナに向かっていく。
     堂島コウと対等に渡り合ったことのある彼女が。
     動揺するイハナ。

     それにしても堂島コウ。主人公。
     我慢強さは天下一品です。素晴らしい。(というか、可哀想に)
     そして、ついに「あの方」登場♪
     次の巻が楽しみです。

  • 女の子がみんなかわいい!内容は生々しいはずなのにうまーく料理してるなあと感心。

















全3件中 1 - 3件を表示

悪魔のミカタ666〈2〉スコルピオン・テイル (電撃文庫)のその他の作品

うえお久光の作品

ツイートする