嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2)

著者 :
制作 : 左 
  • メディアワークス
3.59
  • (114)
  • (154)
  • (276)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 1697
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840239721

作品紹介・あらすじ

入院した。僕は殺人未遂という被害の末に。マユは自分の頭を花瓶で殴るという自傷の末に。二人が入院した先では、患者が一人、行方不明になっていた。その事件は当初、僕にとって問題となるべき事柄ではなかった。数日後に起きた出来事のほうがよっぽど衝撃的だったからだ。数日後。マユは、頭部と花瓶を再度巡り会わされた。自傷じゃなく、誰かの手によって。マユは病室で血塗れになり、今回も気絶することなく自前の足で歩き、医者に治療を依頼した。そして、治療から帰ってきたマユは、本題とは関係の無いことを僕に発表した。死体を見つけた、と。また、はじまるのかな。ねえ、まーちゃん。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  さっそく二巻。
     これも面白かったんですが、個人的には一巻の方が好みでした。インパクトもありましたし。
     この巻ではみーくんの元カノである透が鍵となります。
     臆病者のわたしは元カノが出てくると分かった時点でまーちゃんが何かやらかすんじゃないかってずっとヒヤヒヤしてました。
     まーちゃんの可愛さは健在でした。また近いうちに三巻も読みたいですね。

  • みーくんこと××くんの感情が垣間見えるようになってきた気がする、そんな感じの2刊。相変わらず悪意と善意が仲良く同居しておりますどうも。そして私は「嘘だけど」に振り回されっぱなしです。嘘だけど→オイオイ嘘なのかよ→1部読み返し、…とまあこのように。 最終章までちゃんと読まないと自分の中でこの事件も、物語も完結できないのだから面白い。知らない間に底無しの沼にはまっていくように、ずぶずぶこの作品の魅力にはまっていく。念のため言っておくが、嘘ではない。決して心地が良いわけではないけれどもう捕らわれてしまったのだから仕方がないよね。

  • 怪我を負ったため入院することになった「僕」。一緒にいたいがために自傷行為に及び、入院することになったまーちゃん。晴れて望みはかなったものの、「僕」の元カノ透がお見舞いに来る。なんでも妹の一樹が入院していて、同室の女の子が行方不明になったのだという…。

  • 詰めこんでいるなという印象。物語はそれらが絡み合っていてとても好きな巻。派手さは無いけれど、妙な魅力がある巻かな。

  • 新たな萌えキャラ登場!と期待させておいて実は…というパティーン
    最後の方の犯人探しが段階的に次々と違う人物に焦点があたっていくところが良かった

  • 「嘘はつくなら、面白味か真実味、どちらかを際立たせた方が良いですよ」

    きれいにまとまったデビュー作からうまいこと次に続ける例として参考になる。

  • どうしても前巻ほどのインパクトはなかったなぁ。文章自体は相変わらず好き。

  • 今回は全然良くなかったなあ。

  • 相変わらずの言い回しの面白さがあるけれど、話の方はさっぱり。無理に理解する必要はないかもしれないけど、やっぱり展開が?だと読んでいて面白みがないかもしれない。

    結局のところ壊れているまーちゃんの良さは解らないし、伏線とか隠されている部分に興味がいかないわけでもないけど、別にミステリーってわけじゃないし。

    そこら辺を気にしなければ読み続けられるけど、やはりまーちゃんの壊れ具合とか好きになれなければ、辛いのかもしれない。ふと、そんなことを考えた。

  • 感想

    一巻よりも、読みにくい印象。なんでだろう、と考えてみるがわからない。よって捨て置く。

    本を出版する上で作者は前巻よりも面白いものを書かなければならない、大沢在昌の言葉。この第二巻は、前巻に勝るとも劣らないクオリティを保っている。次は三巻を、といわず全巻一気に読み進めたいと思わせる。それだけでも、すごいことだと思う。

全94件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『電波女と青春男』シリーズなどを執筆

「2018年 『世界の終わりの庭で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2)のその他の作品

入間人間の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 善意の指針は悪意 2 (2)(電撃文庫 い 9-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする