悪魔のミカタ666〈4〉スコルピオン・デスロック〈下〉 (電撃文庫)

著者 :
制作 : 藤田 香 
  • メディアワークス
3.64
  • (9)
  • (8)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :115
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840240604

作品紹介・あらすじ

知恵の実"グレイテストオリオン"の影響で、"熱血化"傾向にある日炉理坂高校の生徒たち。そんな中、みークル部長・朝比奈菜々那の提案によって、急遽、舞原イハナと菜々那の次期生徒会長の座を賭けた体育祭-『紅白祭』が開催されることになった。白組リーダー・イハナの策略や、赤組・小鳥遊の活躍もあって、白熱する後半戦の試合展開。生徒たちの"熱血化"にもますます拍車がかかり、それはやがて…。そして、堂島コウと葉切洋平の決着の行方は-?人気シリーズ新章第4弾!スコルピオン編もいよいよクライマックス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書購入 

     ファンタジー。ライトノベル。シリーズ。推理物。

     魂集め編が終了し、イブ編に突入。
    コウは果たして、誰を選ぶのか。
     熱血化した体育祭、終了。
     ……裸祭りでしたね、ラストは。この作品史上、まれに見るでたらめでしたねー、良い意味で。

     
     そして、コウを出し抜いた洋平。その思い切った勝負の仕方が、涙を誘います。
     自分以外になりたいと言いながら、そんな自分を愛してくれた彼女たちのために、自分を認めたいオリオン。
     それを手に入れることに成功した洋平。(口説き落とした感じですね
     グレーテストオリオン。知恵の実の中でも、最強クラスのそれは、スコルピオン・デスロックという名前に変化を遂げる。

     ラストでコウが二人になる。
     片方、本物のコウは、一人の生きた少女に「付き合って欲しい」とつげ。
     片方、コピーのコウは、「ノットB」と名乗って、己がコピーだと絶望的に自覚しながら逃亡し。

     ラストは近いのかな? 

  • 方向がわかんなくなった。

  • 続きがまったく読めない……。まさかああなるとは思わなかった!

全3件中 1 - 3件を表示

悪魔のミカタ666〈4〉スコルピオン・デスロック〈下〉 (電撃文庫)のその他の作品

うえお久光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔のミカタ666〈4〉スコルピオン・デスロック〈下〉 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする