デュアン・サーク2(10) 堕ちた勇者〈下〉 (電撃文庫 ふ 1-53)

著者 :
制作 : 戸部 淑 
  • メディアワークス
3.33
  • (4)
  • (5)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840240642

作品紹介・あらすじ

氷雪の森での火の天子をめぐる「顔のない者」との戦闘の際、体の中に入ってしまった闇魔に心身を蝕まれつつあるデュアン。無意識のうちに周囲に危害を加えてしまうことを恐れ、独りロミリアを発ち、オパールのもとへと向かおうとしていた。その姿を見とがめたアニエスは、デュアンの事情を知らないまま、共に出奔することを選ぶ。そうして、ふたりの旅が始まったのだが、思いがけない事件が起こり…!?果たしてデュアンを闇魔の手から救うことはできるのか!?"堕ちた勇者"編完結巻の登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 氷雪の森での火の天子をめぐる「顔のない者」と の戦闘の際、体の中に入ってしまった闇魔に心身 を蝕まれつつあるデュアン。無意識のうちに周囲 に危害を加えてしまうことを恐れ、独りロミリア を発ち、オパールのもとへと向かおうとしてい た。その姿を見とがめたアニエスは、デュアンの 事情を知らないまま、共に出奔することを選ぶ。 そうして、ふたりの旅が始まったのだが、思いが けない事件が起こり…!?果たしてデュアンを闇魔 の手から救うことはできるのか!?“堕ちた勇 者”編完結巻の登場。

  • 下巻。

    と言っても、今回はクライマックスに向けての序章、みたいなノリなので、ラストもつづく…感が強いですね。

    自分が思ってる以上にアニエスに移入していたようで、うっかりウルっちゃいました。
    デュアンの苦悩も重いし…

    だからこそラスト。エピソード、弱かったなあ。勿論伝えたいこと、狙った効果はわかるんです。でもわかるからこそ余計に。それまでの流れからアレが来ても移入しきれませんなあ。

    しかし何だかアニエスありなんじゃないの、って風が吹いてきてませんか!?これで結局ルルフェだったら落ちるなあ↓↓↓

    どうやら来年の3月に完結するそうです。

    とりあえず次巻へ。

  • チェックのヒールを断って、置き去りにしちゃうなんてひどいよ。
    置き去られ組(チェック、ルルフェット)をほっとけないうぃらっく優しい。
    ウィラックのクッキー戸棚最高。サヴァラン先生だって、怒りながらウィラックのクッキー食べてたし。

    DSではゲストキャラが死ぬことになってるのね。

    アニエスを撒いて、クレイ・ジュダとランドに再会したデュアンは、二人とオパールの元に向かうことになる。その途中で、ドワーフ族のかつての地下迷宮を通る。そこは聖なる水が眠ると言われており、闇魔に侵されているデュアンに有効ではないかと考えた一行は、聖なる水を探すことにする。しかし闇魔の使いがやって来て、無関係の冒険者が犠牲になる。

  • 堕ちた勇者編完結といいながら、ぜんぜん終わっていない。
    まだまだ旅の途中。

  • 未購入

全6件中 1 - 6件を表示

デュアン・サーク2(10) 堕ちた勇者〈下〉 (電撃文庫 ふ 1-53)のその他の作品

深沢美潮の作品

ツイートする