乃木坂春香の秘密 1 (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 深山 靖宙 
  • メディアワークス
3.08
  • (1)
  • (7)
  • (25)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 160
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840240932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漫画ということで小説とちがって直接目に訴えかけてくる春香や美夏のかわいさがあった
    パンツ多し

  • なんとなく読めてしまった。とくに特徴はないんだがなんていうかこの作者さんいい人そうだな!話が清潔というか上品というかなんていうか。笑いをとりたいであろう箇所もさわやかすぎて笑えないんだが、でもあれですよね、たまにはこんなちゃらちゃらしてない雰囲気のもので癒されてみるのもよいかと。
    読書と読書の合間の休憩時間の読書向き。2巻も仕入れておかなくては。

    地獄の番犬ケルベロスな絵とか思い浮かべると面白いんで、これアニメだともしかしたら笑えたりするんだったりするのかしら。

    ここ好き。→普段なら両手に花どころか胡蝶蘭(最高級品)といったところなのだが、今の状況ではそれは葬式(もちろん俺の)で飾られる弔花に他ならなかった。

  • 「ぐにゅっ」とした肉感的な作画が魅力。

  • 9784840240932  177p 2007・12・10 再販

  • 2冊目を買ってしまった。

  • うーん、キャラ立ちはしっかりしているんだけれども…
    展開は割と王道なのでベタ&甘々ラブコメ好きの人、深く考えずにラブコメを楽しみたい人にはオススメできる。

     ただ2つほど言いたいことがある。

     1つ目。まず無駄な伏線はやめてほしい。1巻の最後は不必要じゃないか?とあまりに感じたので書かせてもらう。
     ラブコメだからといってアレはいくらなんでもどうよ…と。

     一連の伏線のせいでかえって全体のストーリーが安っぽくなってしまった感が否めない。


     2つ目に。文章のテンポが悪い&長ったるい…というかズバリ余計な比喩が多い。()も多いし…ってこれは人のことは言えないか。
     だらだらと中身の無い文章や例えを連発されると読んでる方がしんどくなってくる…。

     要は分厚い割に全体として中身が薄い。
    (時間的読み応えはあるとも言えるが。)

     まるで自分がレポートで文字数が足りない時に後から比喩や言い回しで水増しした文章を読んでいる気分にさせられた。


     せっかく良いキャラ設定なのだからもっと中身の濃いストーリーを3巻以降期待したいと思う。
     現に7巻まで出ているし、「軽い気持ちで読めるラブコメ」としては十分な出来ではある…


     当作品好きな方がいたら申し訳ない。珍しくだいぶ辛口のレビューになってしまったけれど、これが2巻まで読んだ今の時点での自分の正直な感想です。

  • オタクな乃木坂は秘密を知られたユウトと仲良くなり、両想いなんだけど
    付き合っていない関係を保っているラブコメ??

  • 2009/01 レンタル

全9件中 1 - 9件を表示

乃木坂春香の秘密 1 (電撃コミックス)のその他の作品

五十嵐雄策の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
美水 かがみ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする