とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (1) (電撃コミックス)

著者 :
制作 : 鎌池 和馬 
  • アスキー・メディアワークス
3.89
  • (159)
  • (169)
  • (190)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 2041
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840241076

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レールガンってタイトルだけで買った。とある魔術の禁書目録シリーズを知るきっかけになった。

  • 超能力を開発する学園都市ってロマンだよね~。
    超能力にレベルがあるのも心くすぐられる。

    しかし十憶ボルトってすげぇ。

  • 鎌池和馬原作のライトノベル『とある魔術の禁書目録』(電撃文庫)の外伝コミックでありながら、本編以上の人気を博した作品です。御坂美琴(みさか・みこと)を中心に、「風紀委員」(ジャッジメント)の白井黒子(しらい・くろこ)と初花飾利(ういはな・かざり)たちが中心になって、さまざまな事件に挑みます。

    第1巻では、学園都市でこのところ頻発している事件の背後に、能力を引き上げる「幻想御手」(レベルアッパー)の噂があることを知った美琴が、情報を集めようと動き出すところまでが描かれています。

    物語のスケールが壮大になりすぎて著者自身持て余している感もある本編に比べると、本作はあくまで学園都市の内側で起こった事件が中心にまとまっている安心感があるように思います。

  • アニメを先に見てしまったので違和感は拭えないですが、
    やっぱり超電磁砲は面白いなーと思います。

  • マンションで読む。再読です。馴染めない漫画です。絵はうまいです。ストーリもよく出来ています。でも、馴染めません。

  • ※感想は第8巻のレビューに。

  • 絵、うまいよな。コミカライズってやっぱりどっかしょっぱくなってしまうものだけど、たまにこういう元ネタにも見劣りしないのがあるよね

    「禁書」にツッコミ、なんて野暮なことはしないけどそれでもってとこは結構あったり

    ジャッジメントですの!!

  • とある魔術の禁書目録は未読、
    たま~にアニメ見てた程度ですが楽しんで読めました!
    1巻の後半から引き込まれました。
    登場人物どのキャラも愛らしくて好き。

  • アニメ見て美琴にはまって原作買い揃え。私はアニメの美琴も原作の美琴も大好きです。可愛くて強くてツンデレで仲間思いで心優しい美琴が好きすぎて生きるのが楽しい!!!!!

  • 原作未読のせいでいくつかわからんまま進んだところもあったけど、それなりに楽しめた。
    ラノベのコミカライズとしてはかなりレベル高いと思う、っておもったら原作者によるオリジナルだったのか。そら面白いはずだわ。

全80件中 1 - 10件を表示

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (1) (電撃コミックス)のその他の作品

冬川基の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (1) (電撃コミックス)に関連するまとめ

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (1) (電撃コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする