嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈3〉死の礎は生 (電撃文庫)

著者 :
  • メディアワークス
3.74
  • (110)
  • (141)
  • (203)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 1461
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840241250

作品紹介・あらすじ

バレンタインの季節。街では、複数の動物殺害事件が発生していた。マユがダイエットと称して体を刃物で削ぐ行為を阻止したその日。僕は夜道で死んだはずの妹(多分)と出会う。そして妹っぽいものに遭遇した翌日。僕は学校の朝礼で知る。無自覚の悪意の伝染について。三ヶ月の短い静穏へ精一杯の反抗を示す惨殺死体事件。最悪な、殺人街としての街興しが、再び始まったらしい。あー。この立て役者は、僕の妹(暫定)なんだろうなあ、きっと。…口癖の出番は、あるなら早めによろしく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ――バレンタインデーが訪れ、僕とまーちゃんは幸せいっぱい超らぶらぶ、というラブコメだけには到底ならず、街では動物の連続惨殺事件が起こり出す。死んだはずの僕の妹や委員会諸々の新キャラとか出てくるけど、まあいつも通りな第三巻。――
    今回はみーくんの家族背景が垣間見れたり、みーくんやまーちゃんの通う学校の生徒などが多数登場したりと動き出した巻。動物の解体癖のあった、死んだはずのみーくんの妹が現れたりして、ますます物語から目が離せなくなります。

  •  精神科医の先生が読むたび良くなってる気がします。(重要度を増しているというか…)1巻の第一印象では、それほど主人公に慕われてるようにも見えなかったんですが。
    でもこっちのが好み。
    なんらかのかたちで欠けている人間がそれでもどうにかして生きていくのに、必要なのが「肯定」と「会話」であるってところがとても性に合います。
    そして、それでもどうにかして生きて行かなきゃ、という程度のぼんやりした決意も。
    自己憐憫のみに陥らず、さりとて前向きになりすぎず…というさじ加減が好きです。

  • 今までとは違って青春小説での救いを描いている。まあ、雰囲気は暗いままなのだが。伏見の立ち位置が秀逸でそれがあるからこそ、この巻は他の巻と印象が違うのだろうなと。個人的には枇杷島も可愛いのだが。あとにもうとのはーやーくーは萌えた。

  • 容赦ない展開。

    みーくんまーちゃんの歪んだ日常、この違和感だらけだけどなんか平和で幸福に見えるような生活……はいいんだけど、ちょっとダレるかな。
    後半にさしかかって話が動き始めると、面白い。

    なんだかんだみーくんはやっぱりまーちゃんよりは壊れていなくて、だからこそ生まれる葛藤というか、心が動かない自分に対するもどかしさのようなものがすごく描かれていたのがよかった。この作品の醍醐味なのかもしれないが。
    「痛くなれ。心が、痛くなれ。」という台詞に、胸が痛くなる。

  •  「ライトノベル」というカテゴリーで読んでいたこともあって、本シリーズの読み方を間違えていたかもしれない。そんな読後感である。
     ラノベの多様性から見て異論はあるだろうが、全体としては青春小説・冒険小説の変形と理解し、本作のように青春小説に含まれそうな場合、私は登場人物の感情の揺れを読むことに注力し、本シリーズもそう読もうと意識してきた。
     その結果、本作で感じられたのは、死と暴力への軽さと、真意の表意の不一致への無思慮(あるいは無関心)な人間像。この造形された人間の気持ち悪さが本作の叙述テーマと感じていた。
     しかし、それは私の誤読なのだろう。

     小説はリアルである必要はないが、ある種のリアリティは必要である。そして、そのリアリティが醸し出されるのは、人間描写だったり、世界観だったり、小説により多様ではある。
     一方、本作で感じる死と暴力に対する軽さや真意と表意の不一致に影響されない人間像は、余りに不自然と見ざるを得ない。あるいは、かなり曲解・誇張された人間像と言えそうだ。
     しかも、少数存在するかもしれない歪な人間だけで片づけられないほど、かような性格のキャラの多さに戸惑う。

     ところが、それが許されるカテゴリーがある。それはミステリーだ。謎解きメインなら、生死や怪我、破壊に対し顕著な歪さを持つ人間が小さい集団に多数固まっていても、描くべきものが違うということで納得できるのだ。

     3巻読破した結果、本作を納得いく物語に落とし込むのはミステリーと読んだ上、歪な人間像の解読と見るというもの。謎解きを主人公がして見せる点もそう感じる所以か。

  • 正常って何? 普通って何?
    異質、異常、狂気、狂乱、なんだって、
    ただひとつの肯定が世界になるです。

  • 血なまぐさいし、痛いし、頭おかしいっぽいし。

    でもそんなにぶっ飛びすぎてもいないし、読みづらくもないし、慣れてきて程よい刺激になってきてる。

    それに、だんだんと背景が見えてきた気がするし。。。

  • キャラ同士の掛け合いがラノベの肝なところはあれど中だるみは否めなかった。
    どのキャラも奇特で尖っている造形をしているけどキャラ性の描写が引き伸びている感があった。
    ミステリー要素的な犯人探しの部分は意外性がなかったがにもうとの鮮烈な個性はすごく目を引いた。にもうとは結局どうなったんだろう?続刊で出てくるのだろうか。次巻を読むことにする。

  • 新登場キャラがみんないい味出してたな。まぁ、ほとんど今回で退場したけど。まーちゃんとの絡みに早くも限界がきてるのが気掛かり。赤い糸は良かったけど、ちょいちょい触れるわりに淡白だから印象が薄くなってると思う。

  • いい加減、みーちゃんがウザい。好きになれない。話に乗り込めない。指とか痛くていたたまれない。

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

電撃文庫『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』『電波女と青春男』シリーズなどを執筆

「2018年 『世界の終わりの庭で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈3〉死の礎は生 (電撃文庫)のその他の作品

入間人間の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん〈3〉死の礎は生 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする