獅子の玉座(レギウス) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 双羽 純 
  • メディアワークス
3.20
  • (5)
  • (4)
  • (20)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 77
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840241274

作品紹介・あらすじ

「大きらいよ、野蛮人!」"王獅子の至宝"-それは、世界を統べる"万界の王"たるあかし。夢を失い、海を離れて放浪する元海賊の傭兵レオン。故国を失い、虜囚の身となった誇り高き聖王女アリアン。不遇の身ながらひそかな野望を燃やす、美貌の少年皇子ユーサー。はるか二千年前、古の英雄が遺した恐るべき"魔呪"を秘めた謎の至宝をもとめ、三人の若者がつどうとき、分かたれし大陸ガトランを舞台に運命の物語が幕を開ける。神々と英雄、剣と神秘のファンタジー叙事詩、登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  想像していたものと少々違うノリだったような気がするもののそれなりに楽しめたかな
     意外と情報量が多いので気を付けていないとすぐに大切な用語や情報を忘れてしまったのは大変だった。しかし、その分堅実に物語は展開していくのでそこは面白かったかもしれない。
     少し残念に感じたのは主人公とヒロインの会話がパターン化していたことか

  • 最初ユーサー皇子可愛いなと思ってたが、後半で印象が変わった。
    ヒロインが表紙で想像してたよりも幼い。

  • 続刊と完結を待ち望んでます。いつまでも!

  • 聖王女アリアンと傭兵レオンのお話。読みやすかったです。まだ第1巻ということもありストーリーは序盤と言った感じでした。剣と会話が出来るレオンはなかなか面白かった。続きを読んでみたいです。

  • 王道ファンタジー。神話との関連を強く打ち出している感じ。戦記的な面が弱いのがちょっと残念だが、今後に期待。

  • 主人公2人ともツンデレ
    ヒロインの王女はテンプレ高貴王女であんまり好きじゃないんだけど
    そこんところを作中でちゃんと叩きのめされてたので良かった良かった
    ツンデレ男は萌え守備範囲^^

  • まんだらけ 350円

  • この本について最初に思い浮かべるのは「王道」。世界の王となれる秘宝を探し旅をする青年、そして宝の鍵を握る、国を追われた美しい王女。王女を狙う敵国の王。何故か博識な怪しい吟遊詩人。神々の伝説。宝の眠る島。正に王道・・・・なのに面白い!ある意味使い古されたようなモチーフであるのに面白いのは、やはりキャラクターとそして"世界"が持つ躍動感でしょうか。キャラの心情一つ一つが緻密で豊か。世界設定もしっかりと練られた基盤があってこそという感じで、十分魅力的に感じます。とうことでかなりの褒め言葉としての「王道」。奇抜な発想。奇抜なキャラもいいけれど、私はこうして安心して読めるお話が好き。笑

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

代表作『よめせんっ!』『江姫 -乱国の華-』など

「2018年 『永遠の庭で、終わらない恋をする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

獅子の玉座(レギウス) (電撃文庫)のその他の作品

マサト真希の作品

ツイートする