とある魔術の禁書目録(インデックス) (15) (電撃文庫)

著者 :
制作 : 灰村 キヨタカ 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
3.90
  • (110)
  • (89)
  • (125)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1509
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840241458

作品紹介・あらすじ

アビニョン侵攻作戦で治安部隊が不在の学園都市。無法地帯となったそこでは、闇の組織らが暗躍していた。-己のために動く者。-闇を好み、殺しを楽しむ者。-他者の希望を打ち砕こうとする者。-大切な人のために立ち向かう者。-上層部へ戦いを挑む者。-反乱分子を仕留める者。-暴走を暴力によって食い止める者。科学が全てを支配するこの街で、生き残るのは…。『グループ』の超能力者・一方通行が謎の組織『スクール』と邂逅したとき、物語は始まる-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ライトノベル

  • とうとう一度も出なかった上条君。
    この物語の主人公は彼だけじゃないということですね。
    上条君がいないとものすごく殺戮が激しくなっちゃうんですけどね…
    かなりしぶといこの世界の人たちも、ダメなときはダメ。
    死なない限り治してくれる人はいるのだけど。

  • 学園都市の暗部組織5つが殺し合いをする話。

    ここまでどんどん死んでいくのも珍しい。
    この巻では土御門はあまり活躍しなかった感じがするな。

    「とある科学」の方で「スクール」のメンバーは割りと出てたけどここで崩壊か。
    フレンダの結果は驚いた。

    そして、女の子を助けるためにレベル5に挑むレベル0の浜面がカッコイイ。
    能力があるわけでもなく、特別高い知識があるわけでもない状態で強大な敵に打ち勝つ、ってのが主人公っぽい。
    今後も活躍してほしいもので。

  • 更に風呂敷広げたけど、これを畳みに掛かるのっていつになるのだろう?

     今回は学園都市を暗躍する者達を描き、それを鎮圧しようとする一方通行を主人公とした話。12巻で闇に落ちたとかそういう描写になっていたが、それの続きとも言える位置にある内容。唐突に登場人物が大幅に増えたが、その半分以上が死亡という禁書目録シリーズにしては非常に珍しい展開。その分生き残った者が今後大きな動きをしてくれるのではないかと期待してしまう。

  • 科学サイドの暗部の話。なのだけれど、相変わらず技術描写が無茶である。正直、ツッコんだら負けレベル。ただ本作の問題は記述の怪しさのせいでシビアリティ・レベルとリアリティ・レベルの乖離がひどいことになっているところなのだよなあ。

  • 今まで敵側になっていたメンバーが再登場しチームとなって活躍する回。個人的には科学側の方が好きかもしれない。(タイトル全否定となるが笑)

  • 今回は学園都市を舞台に、土御門やアクセラレータが属する『グループ』の活動を描きます。

    土御門、アクセラレータ、結標淡希、海原光貴の4人で構成される学園都市の秘密組織『グループ』に、新しい仕事が与えられました。いつも通り仕事を片づけようとする彼らですが、『グループ』とは別の秘密組織『スクール』『ブロック』『アイテム』『メンバー』の抗争へと事態は進んでいきます。

    やがて海原は、かつて所属していた『組織』から送り込まれたアステカの少女ショチトルが『メンバー』に所属していることを知り、彼女と決着をつけることを決意します。

    一方、駒場利徳なきあと、無能力者の集団『スキルアウト』を束ねていた浜面仕上(はまづら・しあげ)は、4人の少女によって構成される『アイテム』の下働きをしていました。雑用を引き受けながら毎日を送り、学園都市では無能力者の命ほど安いものはないと思っていた彼は、『スクール』の襲撃から彼を守ろうとした『アイテム』の滝壺理后(たきつぼ・りこう)に心を動かされることになります。彼は、衰弱した滝壺を守るために、学園都市第4位の麦野沈利(むぎの・しずり)に戦いを挑みます。

    『スクール』のリーダーで学園都市第2位の垣根帝督(かきね・ていとく)は、アクセラレータを倒すことで、学園都市を統括するアレイスターと直接交渉する道を開くことを狙っていました。しかし、アクセラレータとの戦いによって、両者に思いもよらない事態が訪れます。暴走するアクセラレータをとどめるために、ラストオーダーは彼のもとへと駆けつけます。

    新登場のキャラクターが多いですが、浜面の心理を中心にきれいにまとまっています。

  • 読み返してて思ったんだけど、垣根が最期に何を理解したのか新約になってからも説明されてないような……私が読み飛ばしてるだけなのかな……

  • 「むむっ! あっちの喫茶店から迷子の反応をミサカは感じ―――ッ!!」
          ミサカシリーズの司令塔  打ち止め
    「ちょ、ちょっと、アホ毛ちゃーん!?」
          学園都市の『風紀委員』  初春飾利

    「……ったく、シケた遊びでハシャいでンじゃねェよ」
          『グループ』の構成員  一方通行

    「私ら今忙しいから後にしてくんない?」
          『アイテム』のリーダー  麦野沈利

    「この街には得体の知れない技術が溢れている。逃げ切ることなどできんさ」
          『メンバー』のリーダー  博士

    「……、くだらん事に、時間をかけるな」
          『ブロック』のリーダー  手塩恵未

    「俺の『未元物質』に、常識は通用しねえ」
          『スクール』のリーダー  垣根帝督

    「あれ? 今日のシャケ弁と昨日のシャケ弁はなんか違う気がするけど。あれー?」
          『アイテム』のリーダー  麦野沈利
    「結局さ、サバの缶詰がキてる訳よ。カレーね、カレーが最高」
          『アイテム』の構成員  フレンダ
    「……南南西から信号がきてる……」
          『アイテム』の構成員  滝壺理后
    「香港赤龍電影カンパニーが送るC級ウルトラ問題作……様々な意味で手に汗握りそうで、逆に超気になります」
          『アイテム』の構成員  絹旗最愛
    「くそっ。俺はスキルアウトを束ねていた組織のリーダーなんだぞ……」
          無能力者集団『スキルアウト』の元リーダー  浜面仕上

    【あらすじ】
     アビニョン侵攻作戦で治安部隊が不在の学園都市。無法地帯となったそこでは、闇の組織らが暗躍していた。
     ――己のために動く者。
     ――闇を好み、殺しを楽しむ者。
     ――他者の希望を打ち砕こうとする者。
     ――上層部へ戦いを挑む者。
     ――反乱分子を仕留める者。
     ――暴走を暴力によって食い止める者。
     科学が全てを支配するこの街で、生き残るのは……。
     『グループ』の超能力者・一方通行が謎の組織『スクール』と邂逅したとき、物語は始まる――!

    【あとがき】
     とにかく科学全開の一五巻です。七人の超能力者、農業ビル、ナノデバイス、無人攻撃ヘリ、人工衛星、コンピューターウイルス、スキルアウト……。今までシリーズの中でちょこちょこ出てきた科学サイドのキーワードを、ここらで大放出な感じでお届けしております。
     今回のテーマは『学園都市の暗部』と『乾いた物語』です。それに加えて、悪の道を突っ走る一方通行の凶悪ぶりがポイントとなります。悪と言っても後味の悪いものではなく、最後までページをめくっていただいた後に『あーすっきりした』と思っていただけるようなものを目指していたのですが、きちんと成功していますでしょうか。
     シリーズ中で一冊あたりに登場する新キャラの数は(妹達などを除けば)今回が一番多かったかな、と思います。ただしこの輪は決して広がることはなく、そこが上条当麻と一方通行の違いという所でしょうか。

     ……あの白いの。その内、義賊とか名乗りそう

  • ブクログ登録日以前の読了の為レビュー無しです
    ※興味グラフ表示させる為に入力してあります

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

鎌池 和馬(かまち かずま)
ライトノベル作家。男性。趣味は「仕事」(小説を書くこと)で、休日も仕事のための資料調査などに余念がなく、結果として速筆・多作
2004年、『とある魔術の禁書目録』でデビュー。度々アニメ化され、代表作となった。原作の累計発行部数は1500万部を超え、宝島社主催「このライトノベルがすごい!」2011年度「作品部門」1位、2014年度「このラノ10年間のベストランキング」1位を獲得。また、同作品のスピンオフ漫画『とある科学の超電磁砲』の原作も担当。その他代表作に、アニメ化された『ヘヴィーオブジェクト』など。

とある魔術の禁書目録(インデックス) (15) (電撃文庫)のその他の作品

鎌池和馬の作品

とある魔術の禁書目録(インデックス) (15) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする