MAMA (電撃文庫)

著者 :
制作 : カラス 
  • メディアワークス
3.92
  • (230)
  • (212)
  • (239)
  • (18)
  • (4)
本棚登録 : 1623
レビュー : 195
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840241595

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ミミズクと夜の王」は凄かったけど、この「MAMA」はそれと同等、いやそれ以上かもしれない。
    当時1年開けて刊行されたのも納得のクオリティ。そして何より作者の丁寧さ、物語そのものに対する愛を感じる。

    どこか歪みつつも美しい家族の愛の物語、超オススメです。

    あとに付いてる短編「AND」がまた本編を際出させてくれる素晴らしい作品。
    個人的にはティーラン嬢が出てきただけでもご褒美だったのに、こっちのラストも素敵でした。

  • 紅玉ブームで久しぶりに読み返し。切ない。ホーイチは恋や愛を知らなかったから、彼が抱く感情の名前が分からなかったんだね……人喰いの魔物でありながら20年近くもひとりの少女トトを慈しみ寄り添った彼の心は魔物ではなく、人を愛するただの男であったのだけれど。母と子という名を付けたトトとホーイチは、その感情の本当の名を知るすべがなかったのかもしれない。
    互いが互いだけを求めている心の在り方は確かに歪んでいたかもしれない。ただその気持ちに名をつけることなく、母は子を守り、子は母を守り抜き、新しい愛を生んだ。美しく儚く、優しい物語でした。

  • 泣いた。

  • ミミズクよりも先に読みました。
    読後、なんだか足りない感じ…
    と思いつつ、何度も何度も読んでしまいました。
    とても良かったです。

  • 耳なしホーイチを舞台とした人喰いシリーズ。少しいびつで純粋な親子の愛に気がつけば号泣。

  • MAMA、エンディングは切ないですね。

    愛に溢れていて大好きです。

  • 初読のべにたま作品。表紙買いした訳では無いと言えば嘘になる。
    ホーイチは優しい子。べにたま作品は優しさでいっぱいですね。
    ミミズク読後に再び読んだらまたその楽しさもありました。

  • なんとなーく予想出来たラストだったけど、やっぱり切ないなぁ…

    どっちが大切かなんて選べないよ(T ^ T)

  • 300年の呪いと、母子の愛。それは運命となりて廻る。

    引用は作者のあとがきから。


    残虐な表現がある。だが、作品全体の印象はとても優しい。
    そこにあるのが「愛」だからだ。

  • 切ない。

著者プロフィール

1984年、石川県金沢市出身。金沢大学文学部卒業。『ミミズクと夜の王』で第13回電撃小説大賞・大賞を受賞し、デビュー。その後も、逆境を跳ね返し、我がものとしていく少女たちを描き、強固な支持を得ている。

「2019年 『悪魔の孤独と水銀糖の少女II』 で使われていた紹介文から引用しています。」

MAMA (電撃文庫)のその他の作品

MAMA (電撃文庫) Kindle版 MAMA (電撃文庫) 紅玉いづき

紅玉いづきの作品

ツイートする