トリコロMWー1056 1 (電撃コミックス EX 113-2)

著者 :
  • メディアワークス
3.97
  • (16)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840242424

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  一番読み返してる漫画です。
     人物の意図や状況把握の齟齬を使ったネタが多かったり、あるいは台詞を発する人物と描かれている人物が違うコマを良く挟んでたり、あるいは何より、一本の四コマの中に複数の流れやほのめかしがあったりしてまして。
     だからでしょうか、登場人物が皆とても印象鮮やかなのですね。コマに四人描かれてたら、確かにそこに四人いるような感覚を味わえまして。それぞれがグルになったり傍観者だったり一人で遊んでたり、なんといいますかこの対位法的な読書感覚がとても楽しいのです。この楽しさは巻を重ねるごとに高まってまして、特に今巻なんかはもう、特徴的な画風や繊細さも合わさってオシャレにすら感じられます。
     言葉のセンスや人物の描写、そういう面も十二分に面白いです。多汰美による謎な角度のボケとかね。個人的にはこの多汰美の、ボケんとするときの前傾姿勢が愛おしくてたまらない(笑)

  • きらら→電撃に移った
    実質3巻

  • とにかくオススメです。
    日常の何気ない笑い、何気ない楽しさ、何気ないしあわせ。
    オビの文章「しあわせれいぞうこいっぱい分」は、まさに的を得ているなぁ、と思います。
    是非一度読んでもらいたい本No.1です。

  • きららとなにかあったのかしらね、電撃にて復活。モノごっつい特徴的な絵だけど、隠れファンがゴロゴロ居そうだ。相変わらずにわが可愛すぎる。しかし、PCで処理してるからかどうかは知らんけど、車や背景が上手い、寧ろそっちに目がいく4コマってのも不思議だ。

全5件中 1 - 5件を表示

海藍の作品

トリコロMWー1056 1 (電撃コミックス EX 113-2)に関連するまとめ

ツイートする