グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくり

  • C.S.L.学習評価研究所 (2005年11月1日発売)
3.59
  • (4)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :63
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840302579

グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コンフォートゾーン<=>パニックゾーン
    ○ストレッチゾーン=最近接領域,フロー
    ・チャレンジバイチョイス
    ・体験学習のサイクルはよく見る→出典は?
    ・バルーンフランティックは使えそう
    50のアクティビティを掲載

  • 表紙をみると、まず四角い布を手に持った4人の子どもの絵が目に入ります。続いて「グループのちからを生かす」の文字が一番大きく、少し小さく「成長を支えるグループづくり」。僕が探していた「プロジェクトアドベンチャー入門」はもっと遠慮がちに書かれていました。

    読み終えた今も「プロジェクトアドベンチャーとは何か?」をすっきり説明することはできなさそうですが、大事にしていることは伝わってきた気がしています。

    1971年にアメリカの公立高校の先生たちが始めたアドベンチャー活動から学ぶ体験学習プログラム、プロジェクトアドベンチャー。
    翻訳ではなく、日本の文化に合わせた本としては初めて出版されたそうです。

    前半が入門のための基礎知識、後半がアクティビティ集という構成です。
    全体に小・中学生向きを対象にした事例、アクティビティが充実しています。大人向けの場合はどうなるかが気になります。

  • 【66/150】以前(といってもかなり昔)読んだ、PAの本に比べるとずいぶん読みやすくなった。アメリカのものを訳したものではなく、日本オリジナルで編集したらしい。

    入門ということで、理論編もしっかりしているし、紹介されているアクティビティもたくさんある。考え方はラボのテーマ活動にも通じるものなので、テューターのみなさんも読まれるといいなぁ。

  • 概要:プロジェクトアドベンチャー(以降「PA」)の入門書。前半にPAの体験学習の理論についての説明があり、後半は50種のPAのアクティビティが載っている。

全5件中 1 - 5件を表示

グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくりのその他の作品

プロジェクトアドベンチャージャパンの作品

グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくりはこんな本です

グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくりを本棚に登録しているひと

ツイートする