グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくり

  • みくに出版
3.59
  • (4)
  • (2)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840302579

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンフォートゾーン<=>パニックゾーン
    ○ストレッチゾーン=最近接領域,フロー
    ・チャレンジバイチョイス
    ・体験学習のサイクルはよく見る→出典は?
    ・バルーンフランティックは使えそう
    50のアクティビティを掲載

  • 表紙をみると、まず四角い布を手に持った4人の子どもの絵が目に入ります。続いて「グループのちからを生かす」の文字が一番大きく、少し小さく「成長を支えるグループづくり」。僕が探していた「プロジェクトアドベンチャー入門」はもっと遠慮がちに書かれていました。

    読み終えた今も「プロジェクトアドベンチャーとは何か?」をすっきり説明することはできなさそうですが、大事にしていることは伝わってきた気がしています。

    1971年にアメリカの公立高校の先生たちが始めたアドベンチャー活動から学ぶ体験学習プログラム、プロジェクトアドベンチャー。
    翻訳ではなく、日本の文化に合わせた本としては初めて出版されたそうです。

    前半が入門のための基礎知識、後半がアクティビティ集という構成です。
    全体に小・中学生向きを対象にした事例、アクティビティが充実しています。大人向けの場合はどうなるかが気になります。

  • 【66/150】以前(といってもかなり昔)読んだ、PAの本に比べるとずいぶん読みやすくなった。アメリカのものを訳したものではなく、日本オリジナルで編集したらしい。

    入門ということで、理論編もしっかりしているし、紹介されているアクティビティもたくさんある。考え方はラボのテーマ活動にも通じるものなので、テューターのみなさんも読まれるといいなぁ。

  • 概要:プロジェクトアドベンチャー(以降「PA」)の入門書。前半にPAの体験学習の理論についての説明があり、後半は50種のPAのアクティビティが載っている。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

プロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)は1995年設立。Outward Bound(アウトワードバウンド)という冒険教育の実践と考え方を学校教育に持ち込むために生まれたプロジェクトアドベンチャー(PA)を日本において普及、展開している団体。PAは学校教育分野以外にも、企業研修、スポーツチームのプログラムなど、さまざまな分野で展開されている。「アドベンチャー」のちからを使って、人と人の信頼関係を築き、その土台の上で一人ひとりの成長をさせることで、「器の大きな社会の実現」を目指す。ホームページ:http://www.pajapan.com/

「2017年 『グループの中に癒しと成長の場をつくる 葛藤を抱える青少年のためのアドベンチャーベースドカウンセリング』 で使われていた紹介文から引用しています。」

グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくりのその他の作品

プロジェクトアドベンチャージャパンの作品

グループのちからを生かす―プロジェクトアドベンチャー入門 成長を支えるグループづくりを本棚に登録しているひと

ツイートする