理科の目で見るしぜんのふしぎ (進学レーダーBooks)

著者 :
  • みくに出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840305723

作品紹介・あらすじ

(帯/やくみつるさん推薦)
え゛っ!? チューリップにも実が生る?

人間の体が作られる方式はウニやヒトデと同じ!?
(なのにイソギンチャクとは違う!?)
スズメバチ(しかも女王バチ)の安全な採り方?
――「しぜん」は驚き、発見、興奮に満ち満ちている! 
ゲームなんぞで遊んでる場合じゃないゾ!!  
<私も〝しぜん派〟やくみつる>



中学受験情報誌「進学レーダー」で、役に立つ学習読み物として好評を博した「しぜんのふしぎ」が単行本になりました。

書名にある「しぜん」とは自然や自然界の出来事のこと。広い意味でいえば、私たちの身の回りの世界は、すべて、「しぜん」です。ふしぎで満ちている「しぜん」の一部を、理科(自然科学)の目を通して考えたのが本書です。
本書は「学習読み物」ですが、ただ知識や情報がつまった本ではありません。著者は読者とともに「しぜん」のふしぎを見つめながら、「あなたはどう考えますか?」と投げかけます。
まるで参加型の授業のような文章と、本文の話題からさらに発想を膨らませた楽しいイラストで構成された、読者参加型の理科読み物です。1編が3、4ページなので朝読書などにも最適です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯にある「『しぜん』は驚き、発見、興奮に満ち満ちている!」というキャッチフレーズが的を射ている!好きな居酒屋さんの揚げ餅におろし大根がついている理由が理にかなっていることがわかった(笑)そして、普段、気にもとめていないけれど、どうして?なぜ?と問いかけられると、言われてみれば…と己の感性の鈍さに恥じ入る。日常が面白くなること間違いなし!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1944(昭和19)年東京都生まれ。1966年、東京教育大学理学部生物学科動物学専攻卒業後、私立明星学園で理科教諭として勤める。1998年、小・中学校校長に就任。2007年退任。以後、学園児童・保護者を対象に昆虫同好会を主宰、年に4~5回のフィールドワークを実施している。西多摩昆虫同好会所属。ラミーカミキリの分布拡大をテーマとして機関誌『うすばしろ』に「東京都におけるラミーカミキリ分布拡大の一様相」(第40号,2010年)を発表。編著に『21世紀の学力を育てる中学理科の授業④第二分野[下]』(星の環会,2001年)。

「2015年 『理科の目で見るしぜんのふしぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田武久の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
エラ・フランシス...
加藤 休ミ
おかべ たかし
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする