医療・看護スタッフのためのLGBTIサポートブック

著者 :
制作 : 藤井 ひろみ  桂木 祥子  はた ちさこ 
  • メディカ出版
2.86
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 18
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840420938

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • N740

  • 三葛館看護 N710||FU

    LGBTI、さまざまなセクシュアリティを持った人がたくさんいます。自分が当事者ではない場合、また、当事者同士でも、それぞれのセクシュアリティは多様であり、知らないこと・分からないことが多いのではないでしょうか。患者さんがLGBTIであった場合、どうサポートすればいいのか。理解しておくことはとても大切です。
                                  (うめ)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=47718

  • 高かったので、中古本を買おうかと思ったんだけど、中古でもそんなに安くなかったので、まぁ定価で。

    質問・回答形式の本なんだけど、それはイマイチ。

    それよりもその章の終わりにあるコラムの方が読み応えがあったし、へえ、そうなんだって思うことも多かった。

    これねー、医療従事者の手にどのくらい渡ってるんだろうか。

    LGBよりTやDSDの人の方が医療に関係ある分、とても切実な問題だよなあと思った。そりゃLGBも全く関係ないとは思ってないけど。

    http://rontako.blog39.fc2.com/blog-entry-1559.html

  • 必要だったから探して読んだのだけれど、もっと早くに読んでれば良かったわ。

  • 平明な書き方だし、2ページ程度ごとに話がまとまっているので、一晩で読めてしまう。話自体は簡単な話ではないが、事例をコラムにまとめたりして、複雑に見せないのが編集として優れてると思った。医療、看護と言うが、多くの人は医者にはかかることがあるので、患者の立場はある程度想像がつく、そういう意味では誰でも読める。教育を初めとしていろんな領域の人に読んでもらいたいものだと思う。

  • コレももらいました◎<br><br>ある意味、勉強になりました・・・。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1968年大阪市生まれ。立場は一応MTFトランスジェンダーということになるが、近頃は単にクィア、どうしても分類したければジェンダークィアと言えば済む気がしている。専門はアメリカ文化史、ジェンダー論。
 共著書に、米沢泉美編『トランスジェンダリズム宣言』(社会批評社)、訳書にパトリック・カリフィア『セックス・チェンジズ−トランスジェンダーの政治学』(仮題。2005年春刊行予定)、他1冊。
 個人サイト(http://homepage2.nifty.com/mtforum/)

「2004年 『同性パートナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

筒井真樹子の作品

ツイートする