この失神、どう診るか?: 見落とせない失神患者が明日やって来るかもしれない (CIRCULATION Up-to-Date Books 10)

著者 :
制作 : 安部 治彦 
  • メディカ出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840457736

作品紹介・あらすじ

外来に失神を訴える患者が来たらまず何をすべきか? 行う検査は? Head-up Tilt検査はやるべき? てんかんとどうやって見分ける? 予防は? 失神のガイドラインをほとんど知らない約半数の循環器内科医に、そして一般内科医に、これだけはどうしても伝えたい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

産業医科大学医学部不整脈先端治療学 教授

「2016年 『この失神、どう診るか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安部治彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×