企業家としての国家 -イノベーション力で官は民に劣るという神話-

制作 : 大村昭人 
  • 薬事日報社
3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784840813150

作品紹介・あらすじ

EUの政策に大きな影響を与えた話題の書。本書はこれまでに9か国語に翻訳され、長期にわたるイノベーション主導の経済成長において国が果たすべき役割と、より包括的な経済成長について、今必要とされる議論を世界中で起こしている。フィナンシャルタイムズ誌とハフィントンポストが選ぶ最高の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 要再読。政府が介入することに必要性、効果、合致する条件。

    ・明確な方向性

    ・不確実性に耐える→世論の共感、了解を事前に得ておくことが必要

全1件中 1 - 1件を表示

マリアナ・マッツカートの作品

企業家としての国家 -イノベーション力で官は民に劣るという神話-を本棚に登録しているひと

ツイートする