殺人百科

制作 : Colin Wilson  Patricia Pitman  大庭 忠男 
  • 彌生書房
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784841501155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1961年10月、ロンドンで出版された『Encyclopaedia of Murder』を翻訳したもの。
    著者は、コリン・ウィルソンとパトリッシア・ピットマンの共著とある。
    パトリッシア(Patricia)というのは女性の名で、少し検索したが正体は不明。

    訳者は、大庭忠男
    原著の『Encyclopaedia of Murder』は15世紀から1960年までの欧米の有名な殺人事件を300件以上取り上げてあり。
    かなり、分厚い本らしい。
    この『殺人百科』では、その中から60編程度を取り上げ編集したもの。

    このコリン・ウィルソンには1995年に『狂気にあらず!?「パリ人肉事件」佐川一政の精神鑑定』第三書館という本がある。

  • 読んでいる最中に熱が出たのはなんというべきか(笑)
    後半2件に第二次世界大戦中の蛮行が出てきているのは、個人的にどうかと思うが、あとがきを読んだらこれは著作者ではない人が書いてるとの事なので一応納得。
    ただ、あんまり手元においておきたい本でもないので一読してすぐ売却。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1931年生まれ。著書『アウトサイダー』(集英社)『殺人百科』(彌生書房)『現代殺人百科』(青土社)ほか多数。

「1994年 『猟奇連続殺人の系譜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

殺人百科のその他の作品

殺人百科 単行本 殺人百科 コリン・ウィルソン

コリン・ウィルソンの作品

ツイートする