国際政治史講義: 20世紀国際政治の軌跡

著者 :
  • 有信堂高文社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784842055848

作品紹介・あらすじ

20 世紀は人類史における一大転換点であったと後世の歴史家は評価することになるであろう。「人は自分の生きている時代を誇大視する」傾向があるとはいえ、20 世紀に起こった数えきれない戦争・革命・ジェノサイドや全人類を一瞬にして絶滅させる核兵器が登場したことを想起するだけでも、この世紀が人類史において異常な世紀であったと言わざるを得ない。20 世紀に発生した二つの世界大戦では死者約7,000 万人、負傷者約5,500 万人の犠牲者を生み出し、その後の米ソ冷戦期に発生した戦争・内戦では約2,000 万人が犠牲となった。本書は「異常な世紀」としての20 世紀の淵源を探った上で、20 世紀国際政治の軌跡をたどり21 世紀国際政治を展望する素材を提供するものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます>
    https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacenter/Curriculum.html

  • 東2法経図・6F開架:319A/Ta73k//K

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

【略歴】1946年、横浜生まれ。1970年東京外国語大学英米語学科卒業、1977年一橋大学大学院法学研究科(国際関係論専攻)単位取得満期退学。中央大学法学部専任講師、助教授、教授を経て2017年名誉教授。1991年3月より93年3月までジョージワシントン大学(ワシントンDC)中ソ研究所ヴィジティングフェロー。
【主要業績】単著『太平洋国家アメリカへの道』(有信堂、1996年)、編著EmergingGeopolitical Situations in the Asia-Pacific Region中央大学出版部、2008年)、編著『アメリカがつくる国際秩序』(ミネルヴァ書房、2014年)、共編著『国際関係学』(有信堂、2015)。

「2022年 『国際政治史講義 20世紀国際政治の軌跡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

滝田賢治の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×