聖書のフェミニズム―女性の自立をめざして

著者 :
  • ヨルダン社
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784842800769

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • フェミニズムの観点からわかりやすく聖書が解説されている良書だと思います。
    世界的なベストセラーでさえ、男性中心主義社会の呪縛から逃れる事は出来なかった。
    しかし、神は本来差別を許してはいない。社会的な圧力のなかで編著されつてしまった聖書をどのように読んでいけばいいのか。
    それが解りやすく解説されていると思います。
    ただ、性問題を扱う本のわりには性的マイノリティに対する配慮やジェンダーの視点が足りない気がする。それが少し難点でした。
    発行年が発行年だからしょうがないかな、って気もするけど。

  • もともと高橋三郎の無教会の信仰に養われていたらしい。ご主人はICU前学長。わたしは学部のときフェミニスト神学に触れて以来抵抗感を持ち続けているが、この著者の立場は穏健で教えられるところが多い。聖書の権威を認める立場のフェミニスト神学に対しては、健全な挑戦として今日の福音派教会も受け止めていく必要があるだろう。

全3件中 1 - 3件を表示

絹川久子の作品

聖書のフェミニズム―女性の自立をめざしてを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×