20世紀末の諸相―資本・国家・民族と「国際化」

  • 八千代出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784842908595

作品紹介・あらすじ

「国際化」とは、人やモノ、また情報やサービス等が国境の枠を越えて自由に移動する状態をさす。21世紀を目前にして社会主義の崩壊とボーダレス社会の進行を見ている現代は国家と資本の論理を問い直すことの必要性を求めている時代でもある。グローバルな視座にたって既存の社会の枠組みを見直すことを根本的共通課題として、どのような国際化をめざしたらよいのかを論究した、本来の「国際社会学」の方法と課題がここにある。

奥山真知の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×