人食いバラ―少女少説傑作選カラサワ・コレクション〈1〉 (少女小説傑作選カラサワ・コレクション (1))

  • ゆまに書房
3.60
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784843307342

作品紹介・あらすじ

大遺産を相続した、みなしごの英子を狙う少女・春美の魔の手!西条八十の幻の傑作ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西条八十といっても森村誠一の人間の証明の「ぼくの帽子」、「青い山脈」など歌謡曲の作詞者としてのイメージしかありませんが、子ども向けのミステリなんかも書いてたのですね。基本的には昔の子ども向け読み物という感じなのですが、レクター博士みたいな狂気の殺人博士や、快楽殺人願望のある美少女なんかがでてきてときどきはっとさせられますね。
     唐沢俊一のツッコミは蛇足という感じ。おまけとして昭和20年代?のミステリ少女マンガもついています。
     関係ないですが西条八十の娘の名前が「ふたばこ」ってすごいですね。漢字表記すれば「嫩子」でかっこいい感じなのですが。さすがは詩人。

  • 2009/02/01読了。
    友人に借りてたのを読み終わった。
    タイトルの「人食いバラ」がどんな妖怪でいつ登場するのかとどきどきしながら読んでたんだけど。

    最後まで登場しませんでした…。

    友人曰く「観念的なタイトルだよね」とのこと。
    詩人、西条八十先生らしく、タイトルの詩的な隠喩に満ちてるのね〜

    本文ですが、これが昭和の少女小説ってものかと感心した。
    唐沢俊一の的を射ているのか、邪魔なのかわからないつっこみが注としてついている。

    しかし白眉は巻末漫画の「からす沼の人魚」だと思う。

  • 田中芳樹「創竜伝」の中で、四兄弟の一人が古本屋で購入してた本(笑)。巻末の貸し本漫画もすげえ!!

  • この少女小説傑作選は本当におもしろい!そして栄えある第一巻は「西条八十」のミステリー!

全4件中 1 - 4件を表示

西条八十の作品

ツイートする