小説新人賞の傾向と対策―キャラクターと舞台設定で狙う

著者 :
  • 雷鳥社
3.83
  • (5)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844135036

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <新人賞を射止めるためには>
    ・新人賞を獲るためには選者を感心さえさせればよい。
    ・選者を感心させるためには、選者の知らないことを書く。
    ・いくら面白い物語を書いても、選者に既視感があったら落とされる。人気作家が選考委員の場合、その小説家と同ジャンルの作品を書くと評価は厳しくなる。その小説家の知らないジャンルの作品を書くと、評価は甘くなる。
    ・既存のアイデアを組み合わせる場合は、組み合わせに徹底的にこだわるべし。
    ・選者と読者は違う。選者は大量に小説を読んでいる。年配の男性が圧倒的に多い。よくある展開の作品はすぐ落とす。
    ・新人賞のビッグタイトルは、作者の深淵な思想を求めている。

    <ライトノベル・ファンタジーの傾向と対策>
    ・イマジネーションが物語に占める比率とオリジナリティーは逆比例する。実在の歴史を取り入れると、オリジナリティーが増す。

    <SF>
    ・一般読者は大多数が自分を平凡と思っている。平凡な主人公の成功物語に共感する。選者は絶対に自分を平凡と思っていない。有能だから自分の現在の地位があると思い込んでいる。平凡な主人公の成功物語には「何これ? バカじゃないの」という感想を持つ。
    ・初心者は最初から強くてエキセントリックな人物を主人公にすべし。
    ・話のスケールを大きくする。現代と違う文明にする。

    <歴史小説>
    ・歴史小説は歴史を描くのではない。その時代に生きた人間を描く。どんな人間が、どんな思いでその時代を生き、見つめ、作っていったか。

    <ミステリー、ホラー>
    ・専門用語は意味がわからなくても緊張感を高めてくれるからどんどん放り込め。薀蓄はあればあるほどよい。
    ・新人賞を獲ってから出版まで全面改稿なんてよくある。だから、文章力を上げるより、ひたすら前例のない面白さ、深淵な思想、登場人物のキャラクターを高めていく。
    ・独自の感性やアイデアがない人は、専門分野の薀蓄、既存アイデアの組み合わせのうまさで、独自の感性やアイデアがあると勘違いさせて、受賞に至っている。

  • こんな感じなんだな~っと思いながら読んだが、なんだか世界観が違いすぎて圧倒されてしまった。よく見ると《キャラクターと舞台設定で狙う》というサブタイトルがついていた。プロット例が、とてもじゃないけれど私には面白くなさそうに見えるのは、あまりにもキャラクターありきで勝負しているから。あんまり……なんかちょっと、ちがうかな……??

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1947年静岡県生まれ。東京大学大学院生物系博士課程修了。
速読法の指導中に、多くの生徒の視力が向上していることに気づき、「視力回復トレーニング」の理論をまとめる。
専門であった遺伝子学の知識を生かし、医学・遺伝子学に関する著書を多く執筆。
また、作家としても活躍。筆名を使い分けて800冊以上の著作がある。

「2019年 『1日1回!大人と子どもの目がよくなるすごいクイズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若桜木虔の作品

ツイートする