チョコレートの手引

著者 :
  • 雷鳥社
3.80
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844136750

作品紹介・あらすじ

カカオからチョコレートへ。熱帯の果実はどのような工程を経て魅惑の嗜好品になるのでしょう。カカオの品種・加工、チョコレートの製造から、歴史、生産国のことまで。数々の生産地を巡る筆者による、チョコレートの愉しみ方も紹介。奥深いチョコレートの世界を知るための一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 初めて知ることがいくつもあって面白かった。発酵がかかわっていること、海外と日本のチョコレートのちがい(ねちっとした甘みみたいなのは、全脂粉乳の製法の違い スプレードライ〔日本〕とドラムドライ〔海外〕)、粒子の感じ方 日本人は粒度に対する感度が優れているかもしれないこと、テンパリングは結晶化だということ(一週間以上熟成させることで結晶化が行われる。目に見えないところで結晶化が進んでいくのかな)。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チョークボーイ
宮下 奈都
植本一子
エラ・フランシス...
カレン・ラッセル
大西 進
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする