達人に学ぶPerl/CGI道場

著者 :
制作 : マイクロメイツ 
  • インプレス
3.13
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844317425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • HTMLフォームをPerlで作るならこの本です。

    個人的に対話式が苦手なので、残念。
    ソースだけでなんとか読める段階で手に入れた。

    6冊目?かな。位に買った本で、
    Formについてつらつらと書かれていました。
    この本からいろいろ得るものがあり。

    Formについてはこの本がいい。


    Linuxサーバを持っている人にとってはとても入りやすく、
    Winのみの人にとっては、ちょっと辛いんじゃないかな。

    思わぬところで役に立ったのがHTML通信で、HTML1.0とHTML1.1の違いでした。

    曰く、Encodeの日本語部を担当されたと、

    いろいろ活動されているようです。
    http://perl-users.jp/articles/advent-calendar/2009/
    また違うところで参考になりました。

  • プラットフォーム:win△unix○
    出版年月:2003/03
    対象:Perl5.8.0以降
    購入価格:中古で700円

    いわずと知れたアルファブロガー小飼 弾さんによるPerlでCGI本。
    初心者〜中級者向け。実践的な良書。
    個人的にはいまどきの形式で第2版だして欲しい。
    オライリー本アレルギーな人にはお勧めの最良のPerlでCGI本。

    良い点
    ・CGIを書く前のベースとなる事柄をしっかりと網羅している。
    〜ツールやシェルの説明、ネットワークのプロトコル等
    ・説明の流れがスムーズで説明の為の題材やサンプルが良質
    ・初心者がもつ”わからない”ことを、
     プログラムも作ったことが無い初心者が弾さんに聞き
     それに弾さんが答える形式で記載されているので
     初心者には読みやすい。
    ・語句に必ずといっていいほど英語がついている。
     これは英語での略語等の意味が把握できて大変勉強になりました。弾さんらしい。

    残念な点
    ・若干内容が古い(2008年時点で約5年前)
    ・本に間違いが多い(誤字や内容間違い)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1969年生まれ。ブロガー、プログラマー、投資家。カリフォルニア大学バークレー校中退。オン・ザ・エッジ(現ライブドア)のCTO(取締役最高技術責任者)を務めた。現在、ディーエイエヌ有限会社代表取締役。2004年に開始したブログ「404 Blog Not Found」は月間100万ページビューを誇る。著書に『弾言』『決弾』『未来改造のススメ一脱「お金」
時代の幸福論」(岡田斗司夫氏との共著)(以上アスペクト)、『小飼弾の「仕組み」進化論』(日本実業出版社)、『空気を読むな、本を読め。小飼弾の頭が強くなる読書法』(イースト・プレス)、『新書がベスト』(ベストセラーズ)など。

「2011年 『働かざるもの、飢えるべからず。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小飼弾の作品

ツイートする