Web標準XHTML+CSSデザイン クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。

  • インプレス
3.92
  • (23)
  • (23)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 197
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844324249

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表面的なWeb制作知識しかない時に読んだのですが、当時は物凄い参考にしていて常に持ち歩いて本の内容の真似していました

  • HTML5等が登場する前の本。中級者のデザイナー向けに書かれているように感じる。

    "マルチカラムレイアウト"等の言葉が出ているのである程度理解している人向けなんだと思います。
    しかし本の後ろの方に用語集あるので、解らなかった場合はすぐに調べられるところが親切。

    プログラマーが今必要な部分をつまみ読みするときに、項目を読んで解らないところは用語集を読んで、という風にあっちこっち読まないといけないからプログラマー向けでもないように感じる。

    目次がなに書いてるか解りづらい所もあるが、用語を覚える糧にはなると思う、クリエイターやデザイナー向けの本。

  • リファレンス本とあわせて読むことで真価を発揮する。初歩的な内容からTips、資料的な内容までバランスよく載っており、XHTML/CSS に関する知識を得ることが出来る。

    2007年の発売だが、当時まだ殆ど実装の無かったHTML5を意識したであろうクラス名や、標準的なマークアップによるサンプルコードが掲載されており、2011年現在でも充分通用する内容。

    全頁カラー印刷、内容の充実感に反して薄手で扱いやすく、装丁も良い。
    おすすめの良書。

  • HTMLとCSSの基本的な使い方について丁寧に書かれた本。
    カラーでとても読みやすいです。
    時々、作っているWebサイトのチェックをする意味で、読み返しています。

  • 基本的なデザインとコードの書き方、少し踏み込んだデザインの話。とてもわかりやすい。IE 6, 7 のバグについての話がよく出てくるけど、今となっては気にしなくていい。

  • web標準、web標準に準拠した、という言葉を聞くようになって久しいが、私の場合既存のテーブルレイアウトから脱却したと思い手に取りました。
    手に取ると分かりますが、突っ込んで細かいテクニックなどの詳細は載せてませんが、xhtml+cssでサイトを作成するものであれば、最低限押さえておかなければならないこと、と覚えておくと作成時に困らない内容がきちんと整理されていて、非常に読みやすいです。

  • この本があれば、あなたのサイトは変幻自在。

    HTMLとCSSの実践的な内容が実践的に書かれています。

    サンプルが見やすいです。

  • 仕事の参考になる。

  • コリコリ、かゆいところに手が届くわー。

  • 元々、独学でHTMLを勉強してきた自分にとって、スタンダードがよくわかる本でした。基本的知識から応用まで色々記載があるので、読み応えがある本です。Web標準を目指すなら是非読んでおくべき1冊だと思います。

全14件中 1 - 10件を表示

加藤善規の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
白石 俊平
益子 貴寛
有効な右矢印 無効な右矢印

Web標準XHTML+CSSデザイン クリエイターが身につけておくべき新・100の法則。を本棚に登録しているひと

ツイートする