OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング

著者 :
  • インプレス
3.73
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 131
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844328087

作品紹介・あらすじ

米App Storeで1位を獲得した開発チームのノウハウが満載!OpenGLを使った2D/3Dのゲームプログラミングがじっくり学べる。ライブラリの自作から実際のゲーム制作までのプロセスが分かる。「当たり判定」や「制限時間」の具体的な実装方法が分かる。3D表示の基礎だけでなく高速化のテクニックも充実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 序盤〜中盤は、2Dでの描画をもとにOpenGLの基礎や、ゲームロジックを学ぶことができる。終盤では、中盤で作成した2Dゲームを段階的に3D化させていく。

    この本のよいところは、しっかりとしたゲームを作ることによって、これまでにゲーム制作をしたことがなくても、ゲーム制作のノウハウまで学べるところだと思う。
    また、簡単なところから徐々に肉付けをしていくため、説明に追いつけなくなるということがない。

    一応、前提となる知識として、C/C++とObjective-Cは必要だが、基礎知識があれば問題ない(知識がなくても掲載されているコードを打ち込めば動くので、必須ではないかもしれない)。

    ※誤記は公式ブログ「http://iphone.pankaku.com/book/」参照

  • OpenGLでゲームが作りたい人にはオススメ。ゲームアプリは通常のプログラミングと結構違うので、買っておいて損はない。また、読みながら作るゲーム自体が比較的クオリティーが高いのでモチベーションがあがる。 飽きない。iPhoneのような限られたスペック内で動作させるための、処理軽量のためのテクニックが載っているのもプラス。

全3件中 1 - 3件を表示

横江宗太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
日経BP社出版局
David Fl...
クリストファー・...
有効な右矢印 無効な右矢印

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミングを本棚に登録しているひと

ツイートする