就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

  • インプレス (2010年4月1日発売)
3.26
  • (10)
  • (34)
  • (68)
  • (13)
  • (4)
  • 468人登録
  • 54レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844328513

作品紹介

「就職しない生き方」を選んだ10人の体験。

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 環境、教育、健康、観光。
    他と違うことを。同じようなものがないことを。
    ITテクノロジーで社会をフラット化、リアルタイム化。
    ロボットが安くなったら人間にやらせてる仕事はなくなる。人間はコンピュータに出来ない仕事を。

    やりきらなければ。好きなことを。
    生きる為に仕方なく嫌なことをやるなんて嫌です。

  • 学校卒業したら、どっか会社に就職して定年まで勤め上げる。
    それ以外の生き方は認めない。
    会社を途中で辞める、転職するなんて行為は、
    逃げ・甘え・裏切りである。
    ニートなんてもってのほか。
    そんな考え方が未だに大多数な日本で「就職しない生き方」というタイトルは実に刺激的であります。

    わし個人的にもっとも感銘を受けたのは、
    半農半Xの塩見 直紀氏であります。
    「半農半X」というライフスタイルを初めて知りました。

    寝食を忘れるくらい自分の大好きなことで、
    さらにいえば、周囲が、世の中がよくなるものが、「エックス」=「天職」だと思います。

    「エックス」は人によって違うものですから、
    いままで長く続けてきたことや、お金や時間をかけてきたこと、
    なぜか気になって何度も思い返すことなどが、ヒントになると思います。

    自分の好きなことで自身の人生を、世界を変えることを目標にするといいと思うんです。

    天職とは、自分の内なる声が聞こえてることだと思います。
    そして、自然の声も聞こえていると、すべてOKかなと思うのです。


    キター!
    「自分の内なる声」
    やっぱこれが夢であり、自分の本当にやりたいことなんですね。
    長く続けてきたこと、お金や時間をかけてきたことで、自分に当てはまるのは、
    英語、写真、ラジオ(無線)かな。
    このへんに今後の人生のヒントがありそうな気がする。

  • キャプチャーが10個に別れており、1つ1つが短く、気になる部分だけ読むのもあり。今の時代の生き方の視野を広げられた。

  • 古川健介

    天才じゃない場合は、就職して社会経験積むべき
    優秀じゃない人は、自分が好きなことや、やりたいことではなく得意なことをする。

    深水
    仕事は仕事として、残り時間で好きなことをやる。仕事は生きて行くのに必要なお金を稼ぐ。
    本業にはやりがい、副業には生きがい

    佐藤大吾
    アルバイトよりインターンの方が仕事の仕組みを知るいい機会になるし夢を持ってる人の近くにいるのは刺激になる

  • 父親にパラ読みでいいからと言われ、薦められた本。就職じゃなきゃ起業だネットだという発想は元々好きではないけど、選択肢は幾らでもあるということ。

  • ネット関連の10名の企業家へのインタビュー集。
    それぞれ個性的で面白い。
    一番、印象深かったのは、登 大遊氏。
    まだ若いのに、日本社会に関するコメントが鋭すぎる。

  • パラ読み

  • タイトルからもわかる通り、企業に就職せずに起業している人「就職しない生き方」をしている人を10人紹介でしている。皆起業のために「ネット」を利用しているので、そのネットをどのように使用しているか紹介している。

    --メモ
    蝉丸Pさんのやってみたは面白かった。
    「ロールプレーイングゲームでも、まず自分の役割が何か?ということを決定し、周囲が認めて初めてやりがいが出てくる。」
    「インプットを自分の言葉にすること。インプット=勉強。日々の精進とアウトプット=独占せずシェアすること、オープンソース化することが大事」


    自分の適した分野で最高性能を発揮できる場所を調べる。なるべく苦労せずにw。
    これがあれば幸せになれるというもの「根拠のない自信」
    能力*努力=成果。

  • 世界銀行のある方がおっしゃっていた言葉なのですが、21世紀の成長分野は「4k」であると。
    4kとは、環境、教育、健康、観光です
    これらは、どんな時代でも変わらずニーズがあるもの、欠かせないものですね。
    4つを支えるのがITです。ITは、21世紀に欠かせないものですから。
    この式にあてはまるような仕事だったら、やってみて間違いないんじゃないかと思います。

    本を読んで考えたことをノートに書いたり自分の言葉にしていくこと。これをずっと続けて行くと自分のX(半農半Xを広めてる人で、Xは天職)がわかってくる
    言葉は武器になります。そこから、オリジナルのコンセプトやキーワードが作れるようになるといい
    キーワードとして日々得た情報を言葉にしていかないと残らない、だけどずっと続けていくと、すばらしい財産になる

  • http://kashiwabaray.com/blog/index.php?itemid=260
    独立や起業などにより就職をしない生き方をしている10人の体験がまとめられた1冊です。選ばれる側がいやなら、選ぶほうになればいいんです。

全54件中 1 - 10件を表示

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法のその他の作品

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法に関連する談話室の質問

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法はこんな本です

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする