就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法

  • インプレス
3.25
  • (10)
  • (35)
  • (72)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 498
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844328513

作品紹介・あらすじ

「就職しない生き方」を選んだ10人の体験。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 環境、教育、健康、観光。
    他と違うことを。同じようなものがないことを。
    ITテクノロジーで社会をフラット化、リアルタイム化。
    ロボットが安くなったら人間にやらせてる仕事はなくなる。人間はコンピュータに出来ない仕事を。

    やりきらなければ。好きなことを。
    生きる為に仕方なく嫌なことをやるなんて嫌です。

  • 学校卒業したら、どっか会社に就職して定年まで勤め上げる。
    それ以外の生き方は認めない。
    会社を途中で辞める、転職するなんて行為は、
    逃げ・甘え・裏切りである。
    ニートなんてもってのほか。
    そんな考え方が未だに大多数な日本で「就職しない生き方」というタイトルは実に刺激的であります。

    わし個人的にもっとも感銘を受けたのは、
    半農半Xの塩見 直紀氏であります。
    「半農半X」というライフスタイルを初めて知りました。

    寝食を忘れるくらい自分の大好きなことで、
    さらにいえば、周囲が、世の中がよくなるものが、「エックス」=「天職」だと思います。

    「エックス」は人によって違うものですから、
    いままで長く続けてきたことや、お金や時間をかけてきたこと、
    なぜか気になって何度も思い返すことなどが、ヒントになると思います。

    自分の好きなことで自身の人生を、世界を変えることを目標にするといいと思うんです。

    天職とは、自分の内なる声が聞こえてることだと思います。
    そして、自然の声も聞こえていると、すべてOKかなと思うのです。


    キター!
    「自分の内なる声」
    やっぱこれが夢であり、自分の本当にやりたいことなんですね。
    長く続けてきたこと、お金や時間をかけてきたことで、自分に当てはまるのは、
    英語、写真、ラジオ(無線)かな。
    このへんに今後の人生のヒントがありそうな気がする。

  • 「就職しない」という形で、「好きを仕事にした」というと気ままに生きて、なんともお気楽でうらやましいような印象を受ける。しかし、それで成功するとなると難しい。

    どの人にも言えるのは、

    ・目標が明確であること
    ・すぐに行動に移していること

    だと思った。

    これらが揃わなければ本当にただ「無意味に好きに生きているだけ」になってしまう。
    もちろんそれでいいのなら別だが、成功したいのならそれ相応の条件が必要だ。

  • ホリエモン、けんすうなどのインタビュー。

  • 好きなことをする。
    楽しんでする。
    得意なことをする。

    ダメになりそうなとき、それが一番大事。

  • やりたいことがあるから、起業する。会社が嫌だから起業する、ではうまくいかない。あたりまえだけど。
    みんな、「好き」を突き詰めていったらこうなりました、みたいなかんじ。やりたいことだけやって、やりたくないことや苦手なことは人に任せる、みたいな(無責任ということではなくて)。
    まずは会社勤めをしてみて、それから起業することを勧めている人が多いような印象。
    まだ世の中にはないサービスだけど、こういうのがあったらいいなを自分で始めてみました、みたいな。
    そういう意味では、まだまだチャンスはたくさん転がってるよ、と。
    面白い人がたくさんいるなあと思いながら読んでた。

  • キャプチャーが10個に別れており、1つ1つが短く、気になる部分だけ読むのもあり。今の時代の生き方の視野を広げられた。

  • 古川健介

    天才じゃない場合は、就職して社会経験積むべき
    優秀じゃない人は、自分が好きなことや、やりたいことではなく得意なことをする。

    深水
    仕事は仕事として、残り時間で好きなことをやる。仕事は生きて行くのに必要なお金を稼ぐ。
    本業にはやりがい、副業には生きがい

    佐藤大吾
    アルバイトよりインターンの方が仕事の仕組みを知るいい機会になるし夢を持ってる人の近くにいるのは刺激になる

  • 父親にパラ読みでいいからと言われ、薦められた本。就職じゃなきゃ起業だネットだという発想は元々好きではないけど、選択肢は幾らでもあるということ。

  • ネット関連の10名の企業家へのインタビュー集。
    それぞれ個性的で面白い。
    一番、印象深かったのは、登 大遊氏。
    まだ若いのに、日本社会に関するコメントが鋭すぎる。

全57件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法のその他の作品

堀江貴文の作品

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法を本棚に登録しているひと

ツイートする