AmazonCloudテクニカルガイド ―EC2/S3からVPCまで徹底解析―

著者 :
  • インプレス
3.20
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 59
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844328544

作品紹介・あらすじ

Amazon Web Servicesはシステム基盤に成り得るのか?検証・解析、実践導入にみるAmazon Cloud真の実力。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Amazonの変化が早いので、この本の賞味期限は短そうだ。早めに消化すること。

  • 手軽にクラウド体験! Amazon EC2 を実務で運用するにも役に立ちます。


    とても分かりやすくて良かったです。私はこの春に、業務で Amazon EC2 で Windows Server 2008 + SQLServer 2008 を利用することになった時、この本を読んで3日ほどで準備することが出来ました。

    プログラム開発のために Windows Server を使用していたり、VMware の仮想マシンにセットアップしたことがある人であれば、この本一つで Amazon EC2 を使うことが出来るようになると思います。

    Amazon EC2 を利用するには英語が読めることの他に、Amazon EC2 の専門用語を知る必要があります。何も前提知識がない状態でサイトの英語文章読んでも説明が何を意図しているのか?わかりにくく、また、Microsoft のドキュメントとも少し雰囲気が違うのでなかなか Windows Server を利用できるようになるのは難しい気がしました。しかし、この本を読んでからサイトを見ると何を意味しているのか?素直に理解することが出来て、簡単に利用することが出来るようになりました。

    この本では、コマンドから制御する方法が紹介されていますが、それについては「必要になればプログラムから操作出来るんだ」と思うぐらいで良いと思います。例えば、サーバーをデモ目的で利用する場合、プレゼンの開始前に起動して、終了後にサーバーも終了させておく、ということをスケジューリングしたり、携帯電話から実行するアプリを組んだり、そういうことが出来そうです。そういった必要がなければ、Amazon EC2 の Web サイトにログインして操作することが出来るので、それで十分運用することが出来ると思います。

    Amazon EC2 は従量課金なので、趣味で手軽に利用するのは難しいかもしれません。しかし、この本を読んで制限をかけて利用すれば、そんなに高額を請求されることも無いと安心して使用できますし、手軽にクラウドを体験するのにも良いのではないでしょうか。

    お薦めです。

  • セミナー会場で販売していたので、セミナー中にパラパラと読んだ。
    AWSを使い込んでいる人及び英語が読める人にはあまりメリットが無い本なのではないだろうか。
    これからAWSを使ってみようと言う人が手元においておくと便利かもしれない。

  • うーん。知識がないせいか、細かいところで躓いてしまった。

    ただ、現状では最もAmazonEC2/S3について詳しく書かれた本。

全5件中 1 - 5件を表示

李昌桓の作品

ツイートする