世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編

著者 :
制作 : ニコンカレッジ 
  • インプレス
3.94
  • (12)
  • (9)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 214
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844330042

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 具体的な写真と、短い説明文で、テーマに絞った解説がわかりやすいです。
    おおきく「ゆるく」と「シャープに」という2つの方向性で、まとめられており、初心者の私にも読みやすかったです。

  • 2015.01.05購入

  • NIKON D7000ユーザーの私には、ドンピシャの本でした。

  • わかりやすい。さっそく実践できそう

  • 知らなかったカメラの機能を発見したり、撮り方が分かったり、写真でたくさん遊べるようになった。
    買ってよかった!

  • 確かにわかり易い。すぐに実践してみることができるのがいい。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1967年、東京都生まれ。車両だけにこだわらず、鉄道にかかわるすべてのものを被写体として、独自の視点から鉄道を撮影。「1日1鉄!」や「ゆる鉄」など、新しい鉄道写真のジャンルを生み出した。2004年春から、毎日1枚、必ず鉄道写真を撮影&アップするブログ「1日1鉄!」を継続中。広告、雑誌写真の撮影のほか、講演やテレビ出演など幅広く活動中。株式会社フォート ナカイ代表。著書・写真集に『1日1鉄!』『デジタル一眼レフカメラと写真の教科書』『DREAMTRAIN』(ともにインプレスジャパン)、『ゆる鉄』(クレオ)、『都電荒川線フォトさんぽ』(玄光社)などがある。社団法人日本写真家協会(JPS)会員、日本鉄道写真作家協会(JRPS)副会長。

「2014年 『夢と希望の三陸鉄道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編のその他の作品

中井精也の作品

世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編を本棚に登録しているひと

ツイートする