プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意

  • インプレス
3.65
  • (5)
  • (16)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844334415

作品紹介・あらすじ

10年間書き続け、月間100万PVを稼ぐSEOとソーシャルメディア連携のテクニックを公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロブロガーを目指す人…ではなくてもブログを持ってる人なら目を通しておきたい本。自分のブログを今より一歩成長させたくなるような、モチベの元になるノウハウが詰まってます。

  • ブログを続けるためのエッセンスがぎっしり詰まっています。
    自分が楽しくなければ続けられないし、ブログ・SNSを通してリアルの世界でも通用するパイプを作ることが大切です。
    即効性は期待できないですが、本気で長く続けるならば一読しておけばかなりのアドバイスになると思います。
    ブログ筋肉を私もどんどん付けていくぞ!

  • 以下、気になったポイントとか思ったこと。

    ・まずは半年で200記事を目標にする(短期・中期・長期に分けてスケジューリング)
    ・買い物ネタは何本かに分ける

    実際にブログを運営し始めてから再読したい。

  • 【No.255】「アクセス数よりも大事なことは、自分は何に興味があるか、何を考えているか、何ができるか、といったことを発信し続けていくこと」「力を入れすぎた記事は、意外と読まれないことがあると心得る」

  • いいです。

  • 岡坂
    【概要】ブログで食べていくための人の本、会計事務所勤務で読んだ方が良い人は限られると思います。
    【評価】50点(読む人は一部に限られる)
    【どんな時に読みたいか】ブログで収益を上げようと思った時
    【自由記述】SEO対策におけるHTMLの組み方など専門的すぎて使う人が限られる内容の部分が結構多い(70%くらい)。ブログはレビューじゃなくて、記事数で考えるとかSRAで役立つ部分もあり。最近のサービスも紹介されているので、その辺は役に立つけど。

  • 僕は現在、3つのブログを管理しています。
    興味のある分野について、アウトプットの場として使っているのですが、アクセス数については正直、あまり注意を払っていませんでした。
    こだわり過ぎてもいけないかとは思いますが、少しでも多くの人に見ていただき反応をいただいたほうが自分のためになるかと思い、「やれることはやっておこう」と、この本を読んでみることにしました。
    まず、なぜアクセス数を増やすのか?の問題提起からはじまり、継続的に記事を書き続けるノウハウへと続きます。
    そしてアクセスアップのための、検索アクセスを増やす方法、ソーシャルメディアからの参照アクセスを増やす方法が、書かれています。
    僕は特に後半の、アクセスアップの部分を中心に読みました。
    Google Analyticsなどはおそらく、知っている人には常識の範疇なのかもしれませんが、僕には、「こんなことも出来るのか」と驚くことが複数、ありました。
    また、過去のブログ記事を活用した「まとめ記事」など、自分でもできそうなことがいくつかあったので、さっそく実行に移したいと思います。
    数字に過度に一喜一憂せず、またこの本に書かれている通り、「アクセスアップして、どうする?」ということを意識して、マイペースで続けていこうと思います。

  • ブログを続けていくための秘訣や心得、そして心構えを学べる。その一つとして、アクセス数を増やすやり方も。
    今回も実戦的な内容が豊富で、すぐに使える話が一杯。しかも、FacebookやTwitterとの付き合い方といった、新しい話題も豊富。
    それにしても、十年に渡ってブログを書き続けるそのパワーに感心。肉体的にも、精神的にもかなりタフじゃないと厳しそうだ。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

ブロガー。Apple・IT業界の動向から国内外の旅までなんでも書くブログ「ネタフル」を運営。カルガリー名誉市民、アルバータ州ソーシャルメディア観光大使。ブログ本など著書多数。オジ旅4号

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意のその他の作品

コグレマサトの作品

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意を本棚に登録しているひと

ツイートする