Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法

著者 :
  • インプレス
4.14
  • (18)
  • (23)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 306
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844336358

作品紹介・あらすじ

予測しやすい、保守しやすい、最利用しやすい、拡張しやすい-コンポーネントやCSSプリプロセッサを意識した設計・管理の実践など、「ちゃんとCSSを書く」ためのプロの考え方を徹底解説!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BEMを習得

  • Webデザインをやるうえで欠かせない技術であるCSSをどのようにして設計するかについて書かれています。いろいろな設計パターンが紹介されていますが、いずれもHTMLのDOM要素をうまくコンポーネント化しようとする努力が払われています。フロントエンドに携わる人には実務に直結する知識です。ちょうど知りたいことが書かれていて良かった。次代のWebフロント技術として策定が進んでいるWeb Components構想も興味深い。

  • CSSのデザインパターンのようなことが、たくさんあったけど、CSS初心者の僕には何がすごいのか、よくわからなかったです。

  • 結局の所、チームで共通のルールを作って運用しろって事ですね。基本的な考え方を教える本かな

  • 請求記号 547.48/Ta 87

  • これまで、CSSってどういう状態ならきれいなのかどうかが全くわからず、どうしたものか〜と頭を抱えていました(そのあとCSSを触らなくなっていったのですが…)。そんなときに欲しかった答えがこの本にはありました!
    漠然とclassセレクタを使いまわしていたりはしていたのですが、この本にはなぜ使い回すのかが理論から実際のコードまで示されていて、とてもよく納得できました!
    基礎知識として読んでおくだけでなく、実際にCSSを書いているときにもそばに置いておきたい本です〜!

  • 資料ID:98140824
    請求記号:547.483||T
    配置場所:工枚普通図書

    2015年ITエンジニア本大賞ノミネート

  • CSSを実装するにあたって、いくつかの方法論を学ぶ上で非常に役に立った。ある程度、HTML、CSS、Javascriptを書けるようになったら、読んでおくと、変なCSS書かずに済むので、オススメ。

    個人的にサーバーサイドやる人がたまにフロント触る羽目になった時に読んでおくとすごい捗ると思う。

  • 最近のCSSのコーディンぐ技法について網羅
    CSSはセレクタなどがグローバルとなるため、巨大で長期的な文書やWebサイトを管理する際には、保守が問題となる。これを防ぐためのテクニックについて、最近の手法などが多数紹介されている。

    大まかには以下2点の原則を元に、classの命名規則の手法や使い分けなどについて説明している。
    * 変化に対応しやすくするために、タグでなくclass属性で指定すること。
    * 派生関係などがわかるように、classの命名規則を設けること。

    このような最近のCSSの動向について網羅されていて参考になった。本自体もカラフルでみやすかった。

  • 大規模Webサイトの運用に耐えるCSS、ハイパフォーマンスなCSSを目指すのであれば必読書。

全19件中 1 - 10件を表示

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法のその他の作品

谷拓樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ベン・ホロウィッ...
エリック・リース
株式会社シフトブ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法を本棚に登録しているひと

ツイートする