いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

著者 :
  • インプレス
3.89
  • (11)
  • (21)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 209
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844338260

作品紹介・あらすじ

概念の理解だけでなく、「実践」にまで導く絶対に挫折しない図解ビジネス書。売り込みをいっさい行わなくても、自然と顧客が集まるノウハウがわかる!「読者→ファン→顧客」へと変わる態度変容メカニズムを詳しく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■要約
    できないくらいノウハウが詰まってる本

  • コンテンツマーケティング関連のコンサルをやっているイノーバの本。胡散臭いHow to本ではなく、1~2年の長期的視点にたったホームページの設計からコンテンツの作り方、効果測定、運用体制の維持など全体感があった。

  • コンテンツマーケティングのイロハを平易な文章で解説、実践まで持っていってくれる一冊。オススメ。

  • いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り 宗像淳 亀山將
    仕事で必要になったのでざっと勉強。ネットで探せば相当する情報はいくらでも落ちているのだろうけど、まとめて全体感つかめるのは本のよいところ。
    18

  • コンテンツマーケティングがいろいろ分かりやすく書いてある。今テレビCMは興味喚起ぐらいで、実際に消費者が買うのはネットで10回ぐらい調べた後だそうな。なるほどねえ。

  • 時代に合わせてマーケティング手法も変わってきてるんだなーと学びました。内容は入門書のような感じですが、それでも僕には少し難しかったというかここまで深く興味はなかったので結構読み飛ばしました笑

  • 良書過ぎて鼻血が出ちゃうくらい興奮する1冊。コンテンツマーケティングの理論をしっかり学びたい方にオススメ。この1冊で基礎がばっちり身につきます。

  • コンテンツマーケティングについてさまざまな観点から書かれている。
    実践しながら読み直したい本。

  • コンテンツマーケティングとは
    読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信を通して見込み顧客のニーズを育成、購買を経て、
    最終的にはファンとして定着させることを目指す一連のマーケティング手法
    価値あるコンテンツを作って、顧客を育てて顧客をファン化することです。

    直接的にすぐに売上げに繋がらないですが、段階的に購買へと後押ししていくのを重視しています。


    なぜいま、コンテンツマーケティングか
    消費者行動
    刺激⇒棚⇒体験 3つのステップ従来
    刺激⇒情報収集⇒棚⇒体験 4つのステップに
    グーグルが行った大規模な消費者調査の結果消費者は購入前に相当な量の情報を収集している
    ことがわかりました。カテゴリに差はありますが、平均情報収集量は10.6件

    上記のことから、普段から情報を提供し続けて、継続的に買い手の接点を維持する戦略。


    情報コンテンツの種類としては レビューやQ&A、ブログ、メルマガ、ソーシャルメディア等の他に
    オリジナルコンテンツ 自社のノウハウをもとに作成するハウツー記事
    既にWebに開示されている情報を選別してまとめる方法などがあります。


    あとコンテンツの見せ方の手法などがこの本では書かれていましたが、
    テーマ出しかたの一例としてマンダラチャートのやり方など面白かったです。

    3×3の9マスでコンテンツの中心となる大テーマを中心のマスに書き込んで
    周辺の8マスに関連する中テーマ、またその中テーマの周辺の8マスに小テーマを書いて
    細分化していき記事するやり方です。

  • 私のバイブル。かなり実用的で、手元に置いて仕事する。

全11件中 1 - 10件を表示

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り (「いちばんやさしい教本」シリーズ)のその他の作品

宗像淳の作品

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り (「いちばんやさしい教本」シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする