いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)

  • インプレス
3.75
  • (8)
  • (17)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844339922

作品紹介・あらすじ

製品開発とマーケティングを横断する実践のノウハウを、豊富な図解で解説。正しくデータを読み、施策につなげる強力なフレームワークが手に入る。製品・サービスを最短経路で収益化する改善サイクルと意思決定の極意を伝授。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私のインターネットビジネス成功記って感じの本。分かりやすいとは思うけど、何とかを改善するっていえばいいのにハックするとか言われると洒落臭いと思ってしまいました。

  • エンジニアが読むといいと思った。
    ABテストとかをするにしても結局技術的工数が必要だし。

  • 近頃よく聞く「グロースハック」って何なのかずっと気になっていたので、「成長を目指してエンジニアリングで問題解決を行う」ことだとわかりスッキリした。具体的には「製品の中に成長の仕組みを組み込む」ことだと事例とともに書かれていてわかりやすかった。

  • グロースハックの定義すら分かっていませんでしたが、読んでいくうちに、グロースハックとは「成長請負人」というのがしっくりきた。 グロースハックとは、グロースハックの方法が非常に分かりやすく書かれていた。
     例として上がっていた、Airbnbのハック方法は面白かった。
    独自のフレームワークの個別説明が順に書いてあるので、読みやすかった。IQONアプリは、継続しなかったが、書いてあることは納得感があった。

  • グロースハックとは、製品開発とマーケティングの両方を取り込んだ新しい事業開拓の考え方。ちんたら計画に時間に費やし過ぎずに、プロトタイプの製品を作った後に、仮説検証を高速で回して、製品を磨き込んでこうぜ!ってな内容。
    高速で磨き込む順序ARRRAとか、各ステージ突破の目安となる指標値とか、シヤベリンボードとか、具体的に事業を進める羅針盤となりうるステップやフォーマットが示されているのが良いが、横文字が多くてオジサンの頭には中々入ってこないのがちとシンドかったかな。

    Fall Fast Fall Often Fall Smart!で頑張ろう。

  • 請求記号 675/Ka 47

  • あまり新しい学びがなかったような。。。

    プロダクトに集客を盛り込む的なやつアイデア
    hotmail iphone

    一次情報を手に入れることは大事だと思う。

  • マーケティングとサービス運営の領域をグロースハックの知識としてアップデート。
    付録対談にある“グロースハックのツールと情報源ページ”は何かと重宝しそう

全10件中 1 - 10件を表示

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)のその他の作品

金山裕樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
伊賀 泰代
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ベン・ホロウィッ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

いちばんやさしいグロースハックの教本 人気講師が教える急成長マーケティング戦略 (「いちばんやさしい教本」シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする