描ける! 銃&ナイフ格闘ポーズ スタイル図鑑

  • エムディエヌコーポレーション
4.00
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844362623

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙から予想はつくだろうが銃火器および刀剣類を所持した変質者の寄せ集めである。一応ポーズをとってはいるが漫画制作の役に立つようなハッタリ感は一切無い。
    多少武器の知識も蓄えられるが、素人が書店での立ち読みで得られる知識と大差ないと見る。

    某アクションポーズ集とは違い、モデルに実際にアクションをとらせてはいない。ポーズのバリエーションこそ多彩だが、銃を構えて走ることもなく、剣を実際に振ってもいないため、アクションシーンに重要な重心のブレがまったく見られず迫力など皆無である。おまけにモデルは皆普通に衣服着用(中にはチャイナドレスやスカート着用の者も)の為、なんてこった人体デッサンの参考にもしにくい。読めばポーズディレクターの経歴を疑ってしまいそうだが、まあ彼らに非はない。
    良いところと言えば登場する銃器・刀剣類が30点を超し、武器の持ち方や作画の際の注意点をいくらか載せているところぐらいだろうか。ちなみに掲載された銃の弾倉形状などを信じてはいけない。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

SF&ファンタジー映画、アニメ-ション、特撮ドラマ、レトロカルチャーなどのサブカルチャー、マンガやイラスト技法、コスプレ、写真撮影などのビジュアルアート、ボーカロイド、FLASH、SNSなどのネットカルチャーを得意とする企画・編集・デザイン事務所。前身の株式会社スタジオ・ハード(1981-2002)は、ゲームブックやゲーム攻略本の専門編集プロダクションとして、2000タイトルを超える関連書籍を手掛ける。また『遊☆戯☆王』のカードゲームシステムの考案なども手掛ける。現在、ゲーム関連の書籍はデザインのみ参加。編著者グループとして「少年の夢」をテーマとし、現在、過去、未来において無限に広がる「こどもの想像力」を広げるための書籍、雑誌、映像のメディアデザインを展開している。

「2018年 『デジタルイラストの「エフェクト」描き方事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

スタジオ・ハードデラックスの作品

ツイートする