沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

著者 :
  • エムディエヌコーポレーション
4.39
  • (77)
  • (57)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 963
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (632ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844366232

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 噂通りの良書でした。

    今まで、ライティング知識が拾い物ばかりで体系化されていませんでしたが、
    この本を読んでやっと形になったという実感を得ることがデキました。
    2016年の本ですが、未だに色褪せることのない知識しかなかったように感じます。

    そして、本の構成に関して、2つの手法を取っていたのが最大の魅力です。
    ①ストーリー形式+吹き出し会話でライティングの世界にストレスなく没頭できた
    ②章ごとの末尾に書かれている「まとめ」がかなり簡潔にまとめられているので、自分の頭の中で「答え合わせ」ができる

    ブログやホームページを運営している方はとりあえず読んどけって感じです。

    ただ、注意点として
    ・Kindle版ではマーカーが引けない
    ・拡大が不便で読みづらい
    ので「書籍での購入」を強くおすすめします。

  • ブログ運営するなら読んでおく本。
    運営している人にもwebライティングの深みが学べる良書。
    さらに言うと、ネットの裏が見えるようにもなる本。

    分厚いのに読みやすい。
    実例があるから分かりやすく理解できる。

    私はブログをこれまで3つほど運営してきましたが、それでも新しい知識が得られます。
    今のところ代わりになる本はありません。

    本気でやれば数万アクセスは間違いない。

  • 対話形式で非常にわかりやすい。


    そして、ぶっ飛んだ内容が意外と面白い。


    Webについての知識がない自分でも非常にわかりやすかったです。

    丁寧に読むところと読み流すところとが分かりやすく、分厚いですがすらすら読み進めることができました。

  • いやぁ〜。勉強になる。
    一気読みでした。

    論理的に文章を書く。

    【伝える】と【伝わる】は
    似てるようで全然違う!

    改めて気付かされる。

    そしてブログを、見ている人は、
    文章を読みに来ているわけではない。
    情報を求めているのである。。。

    極当たり前だけど
    読んで気付かされました。

    自分も、書評を、書き記している
    ブログを運営してるのですけど、
    リライト作業が大変だぞ〜笑

    メールを使う
    ビジネスマンにもオススメの著書です。

  • Webマーケティングと言えばこれ!と先輩におすすめいただいた本。マンガ形式で読みやすいことに加え、要所要所には詳しい解説付きで、今すぐ試せる策を学ぶことができました。

  • 読みやすくわかりやすい。次のアクションを決めやすいフレームワークやノウハウの紹介があるところも良いです。

  • マンガ形式になってて、とてもわかりやすかった!
    マンガの設定が謎な所もあったが、ちゃんとライティングスキルを説明してくれて納得のいく内容てした。
    また読みます!

  • とても分かりやすかった!
    ブログやサイトを立ち上げる人には必読書ですね。
    何度も読み返して行きます!

  • この本を一言でまとめると
    →ブログのテクニックが学べる

    ①なぜこの本を読んだか
    →ブログで使えるテクニックを学びたかった

    ②何を学んだか
    →人の感情を動かす文章

    ③これからどう活かすか
    →書く、書く、書く!

  • ストーリー仕立てですらすらとwebマーケティングを教えてくれる本。

    文章だけではかったるい人におすすめ

    コンテンツを愛する松尾さんらしい一冊!

全62件中 1 - 10件を表示

松尾茂起の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
ジェームス W....
リンダ グラット...
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉を本棚に登録しているひと

ツイートする
×