モテれ。 エロ可愛い女の知恵袋

著者 :
  • インプレス
3.29
  • (2)
  • (5)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844370246

作品紹介・あらすじ

キレイごと一切なし!すぐに実践可能なモテテクを惜しげもなく披露します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こんなん出来るかーーーい‼︎
    私には無理と思う。
    でも、そこを越えたら私はかなりのモテ女になれるのかもしれない(笑)

  • 内容は自身の努力で勝ち得た結果を無駄なく綴ってあり、おもしろかった。
    巻末の著者紹介でびびった。

  • あられちゃんおすすめ

  • れぃさんも本のなかでちゃーんとおっしゃってるが
    「自分に似合ってないテクニックを使ったって意味がない」
    ものすごーく同意!
    自分がどうなりたいか、何を望むか、自分はどんな人間か
    そこのところをハッキリ意識した上でとりいれたら
    いろいろ参考になるところはある。
    あちこちにれぃさんの女子を応援するココロが
    みうけられて楽しくなる。
    誰かを好きになって、そのひとに喜んでもらおうって思うの
    ものすごーく楽しいし、ものすごーく幸せなことだよね。

    とくに「サプライズごめんなさい」
    はすごーくステキなテクニック。

  • この本は、本当におもしろい一冊だったと思う。
    読んでいて衝撃的なことが多すぎて、それと同時に本当に面白い。
    まずブスは損である、というのに一番の衝撃を受けた。
    外見じゃない、内面だ!という人もいが、この本を読んでいると
    そんなことは言えなくなってしまうのではないだろうか。
    しかし、美人は特であると言っているが
    自分に自信がない人のための行動マニュアルなども
    いろいろ書いてあって、参考にもなるし本当に面白く
    読める一冊だと思う。
    私的には結構お勧めの一冊。

  • この本も、対象は「モテない女子」を想定しているようです。
    でもその割には突き刺さる言葉がポンポン飛び出るので注意!
    「出るブスは打たれる」とか「ブスがひがむな!」とか…

    キツイ言葉の裏側には、努力することを放棄するなというメッセージがあり、
    自分はすっぴんはブスだけどメイクや服装やしぐさをを努力して
    ナンバーワンホステスとして君臨できているのだから、
    あなただってその技術さえ身に付ければいくらでもモテる…と言ってます。

    友達の、ちょっと厳しいおねぇさん。
    自分をやたら可愛がってくれる、綺麗な先輩。

    だと思って、読めるなら読んでみては。
    カチンときたり傷つくようならダメです。
    文章自体は軽いタッチでテンポよく読み進められます。

    個人的には、タイトルから”エロ可愛く魅せる為のコツ”を期待したのですが
    単なるモテるようになるハウツーな印象を受けたので★3つ。

  • 美人は得でブスは損…なるほどね!共感できる部分もあるけど損得考えててたらモテないよ。もう少し若かったら参考になったかもだけどね。<br>
    2008年5月7日読了

  • ホワイトデーのプレゼントに偽兄からもらったもの。あー、確かにっていうテクニックや心構えなどもあったし、そんなのアリかっていうのもあった。でもまぁ確かにこれ実行してたらモテるょな。

  • いくつか身に覚えが 笑
    「魔性れ。」も読んでみたいかも。

  • 歯に衣着せぬ物言いが特徴の春乃さん。ニヤリと笑える箇所がいっぱいです。

全12件中 1 - 10件を表示

モテれ。 エロ可愛い女の知恵袋のその他の作品

春乃れぃの作品

ツイートする