価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよ

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.61
  • (17)
  • (37)
  • (36)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 286
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844370666

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本はサービスもよく、マーケットとして成熟しているために、簡単にはモノが売れなくなっていることに皆が気づいている。でも、どうしたらいいのかわからない。ストーリーブランディング…本書を読んで感じたのは、モノが溢れてる日本では、ココロが足りないのかな~本当のココロを感じられるストーリーを望んでいるように感じました。ワクワクをありがとうと言いたくなる内容で一気に読めました。

  • 本書は、価格、品質、広告などで商売をしていたら、絶対に大手や先行者に勝てない。勝つためには、オンリーワンの特徴を出し、ニッチに活路を見出せ、と主張する。そのための実例も豊富で、マーケティングとはこういうものかと感心させられる。

  • 「志」心に決めた信念があり、そして向かうべき目標、言い換えれば何のために存在するのか?
    という使命がないことには、今日では5年は栄えても10年、20年と長期には存在できない。
    そのためには存在意義を再定義することになるが、これを明確にできるなるかどうかがわけれ道。

  • 中小規模の会社の経営者や事業主へ向けた、「ストーリーのある」売り方を仕掛けていく方法。 "カヤックという会社の経営理念、げんべいのビーサン、旭山動物園。志のストーリー、ブランド化のストーリー、エピソードのストーリーを作って世に広めよ、というアドバイス。私自身は何を売るわけでもない会社勤めなわけだから、蚊帳の外感はありだったが、こういうのを考えるのは面白いと思った。私は自分の結婚相手を見つけたいんだけど、どうすればいいんだろう?
    おもしろいとか、かっこいいとか、本当にやりたいこととか、そういうことを追求してみるのはどうだろう。私はいったい何を売りたいんだろう。どうやって世間とかかわっていきたいのだろう。"

  • 大崎Lib

  • チェック項目5箇所。これからは、ニーズをつくり出すものです、本当のニーズのない生活者に、「あ、こういうものが欲しかったんだ」と気づいてもらわなければならない、そのためには、ストーリーがあった方が断然有利です。かといって、注意してほしいのは、ビジネスにおけるストーリーはフィクションであってはならない、という点です、いくら黄金律にそっていても、とってつけたようなフィクションだと、逆効果になってしまうことが多いのです。「効率がいいということは無駄がないということ。でも無駄がないということは、伸びしろがない、とも言えます」。はっきり言います、「お客様第一主義」とミッションや経営理念に書いてある会社やお店は、かなりヤバイです、それは本当の本当に本音ですか? あなた自身や社員、家族よりもお客さんの方が大切なのですか? ・「ストーリー」を見つけるための10のヒント ①正直になる・誠実である②オープンである③お客さんがストーリーに参加できる余地を残す④約束以上のことをする⑤既存市場を敵にまわす⑥商品そのものを売らない⑦精神的な満足を売る⑧希少性をつくる⑨自分が欲しい商品を売る⑩ぶっちゃける

  • 675||Ka

  • 何で差別化すべきか?

    →ストーリーには人の感情を動かす力がある
    志、ブランド化、エピソードのストーリーがリンクしあって、生活者からみて納得できるものにする
    強みと社会的意義に自分の欲望やエゴを一旦加えた上で、その後削ることでリアリティのあるものになる
    ブランド化こそがオンリーワンへの道
    オンリーワンになるために
    1.絞りこむ
    2.見せ方を変える
    3.とにかく宣言する

  • ストーリーで物を売る。

  • 「商品」「サービス」「会社」「あなた」にいま必要な差別化戦略 ―
    http://www.cm-publishing.co.jp/books/2009/06/post_45.html

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川上徹也(かわかみ てつや)
コピーライター。湘南ストーリーブランディング研究所代表。大阪大学人間科学部卒業後、大手広告会社勤務を経て独立。東京コピーライターズクラブ新人賞、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞など受賞歴多数。特に「経営理念」「企業スローガン」など会社の旗印になる「川上コピー」を得意とする。「物語で売る」という手法を体系化し「ストーリーブランディング」と名づけた第一人者としても知られている。著書は『物を売るバカ』『1行バカ売れ』『「コト消費」の嘘』(いずれも角川新書)など。海外にも多数翻訳されている。
2018年10月、『物を売るバカ2』を刊行。

川上徹也の作品

価格、品質、広告で勝負していたら、お金がいくらあっても足りませんよを本棚に登録しているひと

ツイートする