「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.27
  • (27)
  • (103)
  • (147)
  • (43)
  • (12)
本棚登録 : 1209
レビュー : 138
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844370994

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ノート術」や「整理術」など、よく取り上げられる仕事術を「無駄」とバッサリ切り捨てているが、実は正統派の内容。共感するところが多い。タイムマネジメントについてはこの本を読むだけでも良いかもしれない。オススメ。

  • 極端な感じはするけど、弁護士として成功している著者だからこそ言葉に説得力があった。千田さんも言ってたように、「時間はお金の何倍もケチって使え」。やはりここが大事なんですね!
    ずーっとTOEICを先延ばしにしている私・・・
    ちゃんと期限決めて勉強しないとなー。
    危機感がないと勉強する気は生まれない、その通りだと思いました。。

  • 資格や語学など、勉強したいんだけど忙しくてなかなか続かない。勉強を続けているけど、どうしても結果が出ない。「ノート術」「メモ術」「整理術」「暗記術」「脳科学」・・・これらはかえって非効率。シンプルに効率を追求した時間術の本。
    指南書的な教養本とか〇〇すればこうなる!みたいな本は苦手です。実行できる気がしないし心から納得しないとやる気になれない人間なので、本でモチベーション上げるのに向いてない。でも最近スランプ状態で、時間の使い方にも悩んでいた(普段の勉強が忙しすぎて自分のやりたいことができない)のでタイトルに惹かれて読んでみたら相性が良かったようで、ここ一週間かなり自分の中で進歩したと思ってます。しっかりやろうと思えるしとても難しいことを要求されているわけじゃないので続けられそう。何点かこりゃ見事にダメだーという部分があったので改善したいです。サクサク読めるし忙しい時間を有効活用するのにはかなりオススメ。

  • 必死にやるという感覚を忘れていないか。
    時間に対するコスト意識、時間をケチる。
    時間がなくたって、できることはできる。
    時間を区切る。
    優先順位で消していく。
    やるべきこと、を残さない。
    細かいスケジュールは立てない。
    環境を選ぶな。
    本質を見抜け。
    一度決めたら、ブレるな。
    失敗帳をつくる。

  • 精神論。
    流行りのノウハウ本とは、基本的に逆のこと言ってる。
    整理整頓不要。メモ帳不要。細かいスケジュール不要。

    迷わず集中して、仕事に取り組め。

    実践しにくい。

  • 働きながら、弁護士・米国公認会計士になった作者さんが教える時間術。この不況のなか生き残れるのはこういう人かもしれません・・!

  • メモ

    <blockquote><b>メモは、1日最高3つ</b></blockquote>メモを取ることは受動的行為
    メモだらけになると情報感度が落ちる



    <b><blockquote>なんでもかんでも気になることを検索するな</blockquote></b>まずは自分で考える
    自分にどうしても必要な大切な情報だけ検索すべし

  • ボリュームのある資格の勉強をする際に、読みました。
    とても為になりました!
    自ら学ぶ、ということについて考えるきっかけにもなりました。

  • 躊躇する時間すら無駄!爽快!

  • febeで聴いたのですが、スキルアップしたいけど時間がないと思う人に是非読んでみて欲しいと思います。
    個人的には、やる気や集中力は欲や危機感から生まれるというフレーズが突き刺さりました。
    イマイチやる気になれない人に読んでみて欲しい一冊だと思います。

全138件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

弁護士

「2014年 『8時間睡眠でも司法試験に合格した人の「超」効率勉強法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術のその他の作品

佐藤孝幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
デイル ドーテン
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「要領がいい」と言われる人の、仕事と勉強を両立させる時間術を本棚に登録しているひと

ツイートする