20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方

  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.33
  • (1)
  • (7)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844371267

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一点だけ。時間換算するとカフェ(スタバ)は年間9万円の出費になるということ。380円/1日

  • 2015/3/31読了。

    お金とのつきあい方がメインテーマ。男性と女性の二つの視点から書かれている点が面白い。

  • 実際の経験をもとに書かれていたので親しみやすかった。
    また、数字化されていたためイメージしやすくとても勉強になった。
    ありがとうございました。

  • お金が大好きなのに、あまり貯まっていなかったことにショックをうけて、図書館から借りました。
    住宅購入、子育て、老後に必要とされるお金は約9600万…!
    これをいかにして貯めるか…という節約法からお金の上手な使い所まで!また、最近気になっていた投資まで書いてあり、大変参考になりました。

    まずは、1ヶ月のレシートを財布に溜めるところから始めてみよう。

  • お金にまつわるなるほどーと思うことがたくさんありました。たとえば節約編では、不動産屋さんが言う月収の1/3で選ぶといいよぉーなんて言葉。相手の都合のいい言葉に騙されたりしてませんか?他にも共働き家庭に保険は必要か?や、風呂水を再利用して毎日洗濯するのが本当に節約なのか?など、身近な話題を取り上げてお金について考えてみるおもしろい本でした。また、節約の話だけではなく、収入を増やす方法や、自己投資法なども著者が実際にやってみて感じたことが述べられており、とても参考になりました。

  • サクッと読める。著者夫婦が試した内容をもとに書かれており、親しみやすく、信用できる内容。実践的というよりは読み物的な内容も多い。そのなかに目からウロコの内容もある。

    例えば、「家は家計の器」という考え方。大きすぎる家はスペースを埋めたくなりついモノをたくさん買ってしまう、大きい家は冷蔵庫置き場も大きい為ともすると価格が高く消費電力の大きい自分たちには不相応な大きい冷蔵庫を買ってしまうという内容。

    株式投資の王道、ドルコスト平均法は手数料に気をつける、とか、投資銀行や雑誌オススメ銘柄が信用できない理由等も勉強になる。不動産投資についても理解が深まった。

    まったくの個人的な意見になるが、目からウロコと感じた内容は一章と三章ラスト〜四章に集中しているので、自分が再読するとしたらそこを中心に読むと思う。

    お金を貯めるというよりは、お金を無駄にしない、だまされない方法中心に感じた。だまされない方法は一生おぼえておきたい知識と感じた。

    忘れた頃に再読したい。

  • 周囲が騒がしくなってきたので、気分だけでも。
    お金、堅実に使いたい。
    パーっと使うために。

  • 読んでおくとよい

  • 結婚するぐらいの歳になったら知っておきたいお金の常識、といったところか。サクッと読めてしまいます。

  • 色々ちゃんと考えさせられる

全12件中 1 - 10件を表示

20代、結婚までに知っておくべきお金の使い方のその他の作品

野瀬大樹の作品

ツイートする