プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう!

著者 :
制作 : 小谷野公認会計士事務所 
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.31
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844371311

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 出版から5年ほど。当時読んで、再度、またさらっと流して読んでみた。

    ・不動産投資した方が良い。
    ・法人設立した方が良い。
    ・二つ合わせるメリット。
    ・いろいろあるからうちらのような総合的に勘案できるプロに相談を。

    上記のうち4つ目の押しが強い。この会社のセミナーとかには出たくないな~。
    ただ、言ってることは今読んでも真っ当であり、方向性が正しかったことがわかる。これからもこの流れだろう。
    新税制版が2014年に出ているが、どうせ言うことはわかってるし結論は一緒なのでバージョンアップする必要はない。

  • 収益不動産投資を「法人」でやると手元に残るお金が増えるのか

    説明してあるのですが…
    一回読んだだけでは、理解できない。
    新税制の本が出ているので、買うか?

  • なぜ不動産投資が良いのか、またなぜ会社を設立して不動産投資するとメリットがあるのかがよく分かり面白かった。今までの自分の不動産投資への考え方が変わった気がする。
    しかし後半はけっこう宣伝か!?煽りか!?と思わせるできすぎたストーリーが紹介されており、これを真に受けて大事な資産の運用を間違う人がいないかちょっと心配。

  • 不動産投資を税金の観点から語った本。他にこのような視点の本がなく、かなり新鮮でした。役立てようと思いました。

  • 著書はソリッド株式会社という不動産関係の企業を掲載されている方。

    僕はちょうど企業にも、不動産投資にも両方に興味があって、
    その2つが合わさることによって節税等のメリットを最大限に活かすことができるとのこと。

    本書でオススメしているのは
    マンションの一棟買い。

    一棟買いのメリットも充分に説明されていて
    解るんだけど、さすがに一棟となると、ある程度の富裕層じゃないと
    手が出ないっす。。。といったところ。

    最終章に、とあるビジネスマンのサクセスストリーが書かれているんだけど、露骨に著者会社をオススメしている点で少し冷めてしまったところも。
    この書籍が自社の広告媒体の役割が大きいのでは?とか勘ぐってしまう(笑)

    法人化することによっての
    節税テクニックはどうしても読んでいて難しい。
    本書でオススメされているように、一度プロに相談を仰いでみようかと思った。

  •  法人化と税務戦略に特化した一冊。事業化するなら参考になると思います。最初から法人化は,融資の点で類書では否定されがちだが,後から法人化すると個人事業との一本化のハードルが高いので,最初から法人化というのも選択肢の一つかなと思う。

  • ふと親の相続が心配になって読んで見ました。日本もこれからニュージーランドのように個人会社が増えるかな。

  • 知らない著者であったが、不動産投資に関する本はすべて読むスタンスですので

    今回も読みました。

    不動産保有法人を設立して、節税しながら不動産投資をしましょう!

    そうすれば節税にもなって効率がよい投資ができるというもの

    ビルドインタイプの洗濯機は初めて知った。これで、室内洗濯機置き場も簡単にできるかも

    いまは私も法人をもっていますが、設立するまではかなり大変だと思っていたのでちょっとハードルが高いかもしれません。

    ちなみにS銀行は法人に融資をしないのでご注意を

全8件中 1 - 8件を表示

成田仁の作品

プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう!を本棚に登録しているひと

ツイートする