100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.37
  • (11)
  • (16)
  • (23)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 298
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844373117

作品紹介・あらすじ

年収1億円レベルの仕事は出発点が違う。たくさんのビジネス書を読んでも変わらなかったあなたに必要な最後のワンピース。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事も人生も『目的』に「フォーカス」して、9割を捨てて、最優先事項に向かうというシンプルな考え方。仕事のGPSを推奨してくれています。G(Goal): 目標。どこに向かうのか。P(Points): 目標達成のためのポイントは何か。S(Steps): どんな手順(ステップ)で実現するか。
    ノウハウやスキルに手を出しやすい私達にたいして、考え方こそが重要だとアドバイスしてくれます。
    スティーブ・ジョブズを引き合いに出されると、天才ではない私は、この考え方を身に付けるハードルの高さを感じてしまいました。

  • 【No.214】「シンプルさは究極の洗練」「シンプルであることは、複雑であることよりも難しい。物事をシンプルにするためには、懸命に努力をして思考を明瞭にしなければならないからだ。だが、それだけの価値はある。なぜなら、ひとたびとこに到達できれば、山をも動かせるからだ」「宿泊してみたいホテルに行く。店舗を訪れる。いろんな体験をする。体験という蓄積をしていくことで、脳内のイメージのデータベースを豊かにしておくことが、クリエイティブな活動をする上で大事」

  • ぶっちゃけ日本人が不得意とする部分です。知識量で応戦ではなく、思考方法を変えていきましょうというもの。それをフォーカスという言葉で紹介しています。でも、考え方としてはとても面白いので知っておいて損は無いですね。

  • やらないことを決める・・あまり最初はピンとこなかったが読み進めていくうちに、ああなるほどと思えるようになってきた。

  • 20140609
    九割捨てる。
    十個あげて、三個に絞り、大事なことは一個に。

  • 100のスキルより重要な「1つの考え方」ってのは、「フォーカスする」ことだそうです。なんでもかんでも優先順位ではなく、一つにしぼることが重要。
    言わんとしていることはわかりますが、ちょっと薄い。ハードな読書後の気分転換におすすめ。

  • 【494】

    やらないことを決めろ‼︎は心に響いた。
    ヨーロッパ旅行に行こうと思うたった。

    他になにやりたいかは全然決まってないので、今あまり使える要素は少ない。仕事復帰したら使えそうなので読み返したい。

  • 著者の『必要な知識を15分でインプットできる速読術』が面白かったので。

  • 様々なスキルを身につけるより、1つの考え方を元に必要最小限のスキルを身につけ、成果を出す方が良い。と言う主旨の本。

    考えをまとめる上での色々なツールが紹介されているが、著者の新しい本が出るたびに異なるツールになっているので、どのツールを使えば良いのか迷ってしまうところ。

  • 一つにフォーカスする,GPS=Goal,Point,Step,ALWAYS3点ルール,ABCトーク,気分ワードと事実ワード,~かな?,報告書は1枚,~みたいな。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

クリエィティブマネジメント株式会社代表取締役

「2016年 『図解・結果を出す人がやっている「超・シンプル仕事術」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わるのその他の作品

高橋政史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
リチャード・P・...
クリス・ギレボー
シーナ・アイエン...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わるを本棚に登録しているひと

ツイートする