値上げのためのマーケティング戦略

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.12
  • (1)
  • (7)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :111
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844373353

作品紹介・あらすじ

日本企業の復活のために、今こそ『顧客価値創造プライシング』を強化すべき。モノ作りとマーケティングの技の競演で道が開ける!痛い!と感じさせない値決めの秘訣。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マーケティング分析の手法や、コンサルタントがどのような考えでコンサルしているかが記載された本。ただし、羅列感が否めず、体系的にまた使いこなせるように理解するための本ではないと感じた。

  • マーケティングの分析について初歩的なところから教えてくれる本。最近多いイラストばかり、大きな文字の本ではなくちゃんとその道のコーティングしている人が実例も含めて解説してくれているので分かりやすい。

  • 提供価格は誰が決めるのか?とても大事なことだけど、意外とおざなりにされやすい。その重要性と共に、どう組み立てていくか整理されてて、読んでて楽しかった。

  • 読了。
    会社の研修でもお世話になったことのある菅野さんのご著書なだけに、どんなことが書かれているのだろう…と。
    うーん。この手の本は難しいですね。マーケティング初級者にはおそらく難し過ぎ、中級者は言っていることは分かるが具体的にどう使えば良いのかが、この記述では分からず、上級者にとっては分かっているがことばかり…という感じではないだろうか。
    この本の核心テーマは「プライシング」なのだから、であれば内容をプライシングに絞ってもっと詳述して欲しかったが、そんなふうにすると分厚くなって値段も上がってしまうし、売れないのでしょうね。
    日本の出版界とマーケティング分野の限界を感じてしまいました。残念。

  • チェック項目10箇所。低価格は一時買うための動機付けにはなるが、その刺激にも慣れて当たり前のことになると、もっと買いたいという欲求には繋がりにくい、今こそ利益志向の価格決定権を自社が取り戻すときではないか。顧客は価値交換するためにコストを支払うが、そのコストを支払った後の残り、つまり「得した! 良い買い物した!」「これでやっかいごとが片づく」「楽しい思いができる」と思う分が顧客価値であると定義できる、その差が大きいほど顧客満足を生み出すのだ。社員を規則で縛っても限度があるし、退職者の口に戸は立てられない、最大の防御策は企業の理念と行動を一致させ、社員も共感して行動してもらうことにつきる。利益を上げるためにまず「誰をお客様にするか?」を考えるべきである、顧客(市場)には様々な嗜好の顧客が存在する。人の動機付けで最も大きいものはニーズに対し自分の状況を少しでも改善したいという欲求(ウォンツ)だ、人は多くの場合、具体的に「これが手に入れば自分のウォンツは満たされる」ことは知覚している、そのニーズを満たすための手段を明確に意識してブランドを指名買いするというウォンツを起こさせればしめたものである。ペルソナをつくる……製品を開発、改良する際に、ユーザーの使い勝手を向上させるために人間工学や認知工学を踏まえ「人間中心設計」の観点から現実感のある個人を想定してデザインする。人は他人から何か嬉しいことをしてもらうと、何かお返しをしないといけない気持ちになる心理が働く、無料でサンプルをもらったり、価値のあるメルマガを無料で配信してくれたり、「でんかのヤマグチ」で病院にまで連れて行ってもらうような裏サービスを受けると、ここで買わないと悪い気がするという心理が働く。ターゲット顧客によってブランドイメージは全く異なるので、そのイメージを把握し理想のポジションを求めて提供価値そのものとコミュニケーションを変えなければならない。単に速いとか軽いなどという機能的価値は成熟した社会で差別化要因になることが難しい、それ故、情緒的価値の中核であるデザインやブランドをもう一度見直すことは、もう避けられない、そのためにはデザイナーでないビジネスパーソンもデザインの持つ力を信じ、「観察」などの調査手法や分析による問題発見・問題解決を行うデザイン思考を身につける必要がある。様々なマーケティング戦略を語っては来たけれど、顧客価値創造プライシングを実行して利益を得るには、意思強固なマネージメントと実行する組織力は欠かせない、このことを最後に強く主張したい。

  • 「値上げのための」と冠がついているが、中身としてはマーケティング全般の総論をまとめた本。
    値決めに関する意思決定の前に、お客様が感じる価値を把握し、その価値を伝えるコストという痛みを下げることが出来れば、価格は上げられるぜ、というのが結論かな。
    マーケティング全般を学ぶときには良いかもしれませんが、こと「値上げ」に興味関心がある人には物足らない内容かも。まぁ結局のところ、価格だけでが独立することはなく、マーケティングの中の一要素が「価格」であり、マーケティング活動全般を総動員することで「価格」を動かすことが出来る、ということの裏返し化もしれません。

  • 書籍名とは印象が異なり、マーケティングの考え方や調査・企画実務について全体を網羅した内容。日本企業はブランディングやデザインなどの情緒的価値の訴求が苦手だが、それをターゲットに丁寧に知覚していただく仕掛けが必要で、知覚された価値に見合った価格を設定するという、マーケティング戦略が必要ということだった。商品開発や調査設計についても触れられていて、参考書として手元に置きたい書籍である。
    「マーケティングで成功するには、まず人間が何かを欲しくなる心のメカニズムを理解すること、つまり、顧客ニーズとウォンツの理解が必要だ」「ポジショニングはターゲットの心に、企業の提供物やイメージを、自社独自オン競争優位性のある場所を占めるようにする活動」「ターゲット顧客とポジショニングに合わせた提供価値の案をマーケティングコンセプトと呼ぶ」といった内容は常に振り返りたい。また、ポジショニングの検証にはコレスポンデンス分析、コンセプトの評価にはコンジョイント分析、というのも参考になる。
    マーケティングの中級者向けの良書である。ただの価格設定の本ではない。一方で、価格設定が一番の悩みの人には向かないと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

値上げのためのマーケティング戦略のその他の作品

菅野誠二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リー・コールドウ...
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
ハロルド・ジェニ...
伊賀 泰代
デール カーネギ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

値上げのためのマーケティング戦略はこんな本です

値上げのためのマーケティング戦略を本棚に登録しているひと

ツイートする