一流役員が実践している仕事の流儀

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2.89
  • (0)
  • (4)
  • (17)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844373469

作品紹介・あらすじ

商談の場で平社員は、資料作りで勝負する。部長は、トークの中身で勝負する。役員は、第一声で勝負する。-出世街道をひた走るためのモノサシ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一流役員が実践している仕事の流儀
    2014/1/16 著:安田正

    出世コースにのっている人、ひたすら出世街道を歩んできたような一流の人には、仕事に対する考え方、取り組み方に共有する部分が多々ある。また、残念ながら出世コースを外れてしまった人との間にある明確な違いも、否応なしに見えてしまう。

    本書では、一流役員の習慣を40項目に分け大別して以下の3章により紹介している。
    ①平社員と部長と役員の違い
    ②三流の仕事 二流の仕事 一流の仕事
    ③平社員で終わる人 部長止まりの人 役員に上り詰める人

    出世が全てでもないし、平社員より役員の方が優れているというわけでもない。しかし、本書で取り上げている傾向や一例等においては、実際に当てはまることもあると思う。

    人の価値観等によって向かうべきところも違うかもしれないが、やはり志は高く持ち、かつ、考え方行動のひとつの目安や理想という点では比較対象として持っておくのも悪い話ではない。

    そして、本書で取り上げられている役員のそれの考え方や行動と平社員との比較については大きな違いはなく、ちょっとしたことや視点や捉え方の違いからできることも多くある。

    やはりどれも少しのことでもしっかりと行動することと一貫して継続することが大切であると本書は教えてくれている。

  • まだまだ2流or3流ですね・・・
    40も近いのに・・・
    伸びしろがあるってことで!?
    今後も精進します!

  • ・毎日の生活サイクルができている
    ・肩書きで人をみない、フェア精神
    ・限界を創らない
    ・人の話しを聞いても自分の発想に結びつける

  • ①一流人の仕事のやり方は?
    ・ルーチンワーク化している(特に朝)
    ・第一声がとても大切
    ・年をとっても学ぶ(セミナー通いも)
    ・5年後を見ている
    ・自分を保管してくれる人を大切にする
    ・人から話を引き出す
    ・返しの達人

    ②一流人の生活スタイルは?
    ・どんな人に対しても丁寧(そうじのおばさんに対しても)
    ・健康オタク(プラセンタ注射)
    ・人当たりが良い
    ・テーラーメイドの服を着る
    ・駆りを2-3倍で返し、忘れる
    ・会議室などでは、記録しながら、TODOリストにも入れる
    ・話には落ちも付けて、最新のニュース、話題でも話せるようにしておく

    ③気づき
    ・定義付けを行って本題
    ・昨今の相場情勢は・・・ 弊社の商品は・・・
    ・アフターフォロー
    ・人脈の為に、土産を100個買う人もいる

  • 人は初対面で、一万四千件のデータ処理を
    するそうだ。55%は視覚。38%は聴覚。
    表情、目線、声等からだ。

    人との会話は、共感、発見、感動が必要

  • settegioriのノートが気になった程度。全体的にパッとしない。

  • さらっと読めます。
    ちょいちょい格言が入ってたりして、メリハリがあって構成が良かった。
    一般社員と部長と役員を比較することにより、そのほんの少しの違いがとてもイメージしやすい。

    ただ、こうゆう役員しか会ったことない、みたいに決め付け過ぎてるきらいがあるのが少し気になった。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授。1990年より法人向けグローバル人材育成研修を提供する「株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ」を設立。同社代表取締役に就任(現職)。英語、中国語のほか、ロジカルコミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応トレーニング、交渉術などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活動している。官公庁、上場企業を中心に1700の団体に研修を行い、一般社員のほかに役職社1000人以上の指導実績を持つ。また、東京大学、早稲田大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。主著『超一流の雑談力』(文響社)は49万部を超えるベストセラーとなり、のちに『超一流の雑談力 超・実践編』(文響社)、『まんがでわかる超一流の雑談力』(宝島社)も刊行され、累計64万部を超えるメガヒットとなった。今回のテーマ「質問」は、雑談と双璧をなす「人生を豊かにする最重要スキル」として、長年、構想を温めてきたもの。完成した「過去最高の出来」の本書は、あらゆるビジネスパーソンに向けた「必読の書」と位置付けており、今後、自社における主力研修プログ

「2017年 『超一流 できる人の質問力 人を動かす20の極秘テクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一流役員が実践している仕事の流儀のその他の作品

安田正の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
OJTソリューシ...
佐々木 圭一
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

一流役員が実践している仕事の流儀を本棚に登録しているひと

ツイートする