不動産投資“購入後"の教科書~不動産投資家が安心できる8つのポイント~

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.30
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374008

作品紹介・あらすじ

不動産投資は、買うことがすべてではない。買った後に何をするかで大きく結果が変わる。"買って終わり"だから失敗する。"買ってからが始まり"と考えている人が成功している!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不動産は買って終わりではない!買った後に何をするかが需要だ!という主張。
    「貯金力」「会計力」「投資判断力」「予測力」「行動力」の5つの成功スキルが求められてくる。
    帳簿をしっかりとつけることが、成功の鍵。

    どの部分も納得できる内容。どうしても、不動産投資をちゃんとした事業と捉えて、経営感覚で出来ていないと、他人任せでは成功できないと、厳しく諭されます。

    不動産投資スタート後の方が読むには、最適の一冊かもしれません。

  • 購入後の物件を育てるという意味。
    帳簿を付けるという意味。
    中々良い本だと思う。

  • ディベロッパーを経て、株式会社和不動産の代表取締役となり、不動産を売買した顧客対象のセミナーやランチ会を開催するなど、購入後のアフターフォローを売りにする著者の指南書。

    タイトルにもあって、期待していたような『教科書』ほどのインパクトはなかった。

    帳簿付けをすることで、物件ごとの収入や出費が把握でき、お金の流れや売り時や、次回購入する物件の参考にすることを勧めていたけど、投資家として大家業をしている人なら当たり前かなと思う。

    また、繰り上げ返済を進めることで、キャッシュフローを増やし、次回購入する頭金づくりや、無担保物件を早く所有することで、銀行からの信頼が増すと書かれてあった。これは、一理あるけど、繰り上げ返済を繰り返すと融資先の銀行としては、あまり気持ちよくないだろう。無担保物件を持つことはかなりの強みになるけど、個人的には銀行との関係を悪くしてまで作る必要はないかなと思う。

    また、著者は、都心のワンルームマンション投資を絶賛している。
    2015年に改正された相続税に関する法律や、東京五輪、旅館業法特例などにより、都心のワンルームマンションが品薄になるから、今のうちに購入するべきと解説し、購買欲をそそり、購入後のフォローは、自分たちが主宰する会に参加すれば、万全ですよというバックエンドを薄々感じられた。

    そのわり、区分マンション投資の場合、入居者がいる間は入居率100%だけど、空室だと0%どころか組合の管理費や修繕積立金は発生するため、持ち出しがあるというようなデメリットは触れられていない。

    本を読んでの感想は、やっぱり投資は自己責任!
    名のある著者が書いた本に影響されて、感化されただけで投資を始めるのではなく、いろんな考え方、いろんなメリット、デメリット、いろんな情報やリスク、回避方法なんかをしっかり勉強してから始めるべきだと思った。

    追伸
    ただ、頭でっかちになりすぎて、なかなか行動できないっていう人ももったいない。
    どんなことにも共通するけど、インプットした情報は行動でアウトプットしてこそ、身につくものだと思う。

  • 2015/0301売れ筋ランキングで1位

全4件中 1 - 4件を表示

不動産投資“購入後"の教科書~不動産投資家が安心できる8つのポイント~のその他の作品

仲宗根和徳の作品

ツイートする