考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.04
  • (2)
  • (8)
  • (9)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 109
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374053

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • すごくわかりやすかった!

  • 脳が勝手に考えてしまうのを考えないようにしてみる。

    たとえば外の車の音や音楽を単純に音として聴く。

    動物らしい世界観を取り戻すとはなかなか面白い視点。

  • 1時間半ほどで読めちゃう「脳に振り回されずに生きる方法」を生物学的な視点から考える本(著者さんのことば)です。

    人間はどうも頭でっかち(脳による思考優勢型)になってしまって、それがためにストレスを感じてしまう傾向にあるとのこと。

    社会的成功は、遺伝子が半分、環境が半分で決まるそうだけれど、社会的成功を考え過ぎて、自分の遺伝子に合った生活から逸脱し過ぎちゃうと楽しく生きられないよってことみたいでした。

    ま。
    それほど他人に迷惑をかけない程度にもっとユルく生きていいんじゃないって話だったよ。
    読みやすかったです。

  • 人間は考えすぎる生き物なのかぁ。
    それなら、あれこれ気になっても当たり前。
    そんなものだと受け流すしかないな。
    しかも、楽をしたい遺伝子。
    楽をしたいと思うのも当たり前ってことで、自分が気持よく快適にそして無理をしない暮らしをするのが1番だわ。

  • いったん買うのはよそうかなあと思ったけれど、今の自分の置かれた状態を少し客観的に見たかったのと、長男に読ませたいと思ったのがあって、見つけてから2日後に購入。もちろん、2つめの理由は、常に達成されていない。「これおもしろいよ」と私がすすめた本は、全く読まない。というか、全く本は読まない。小学生のころまでは結構読んでいたと思うのだけれど、父親に対する反抗心からか、いっこうに読もうとしない。まあでも、いつか読むのではないかと思って、本棚に並べている。で、1つめの方だけれど、少し我慢するのも大事。けれど、からだが受け付けないとなったら、しかるべき人と相談するしかない。遺伝子を調べて、自分には何ができて、何ができないか、どういう病気の危険性があるかを知るのもおもしろいかもしれない。でも努力でいくらかはカバーできるとも思いたいし、病気のリスクを避けるために、生活習慣を見直すのは良いとしても、先に手術をしようとは思わないかなあ。著者が50歳過ぎて、少し人生を見直しているという点には共感できる。それから、あとがきに出てくる「楽毅」、書店で立ち読みしていたとき、私は「森毅」と読み間違って、「オォー」と思った。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1961年、人間初の宇宙飛行の日、三重県四日市市に生まれる。4歳からは神奈川県大和市で育つ。海洋科学技術センター(JAMSTEC、現・独立行政法人海洋研究開発機構)深海研究部研究員、カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員研究員などを経て、現在は広島大学大学院生物圏科学研究科教授。北極、南極、深海、砂漠など世界の辺境に極限生物を探し、地球外生命を追究しつづけている吟遊科学者。
主な著書に『世界をやりなおしても生命は生まれるか?』(朝日出版社)、『考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子』(クロスメディア・パブリッシング)、『ゼロからはじめる生命のトリセツ』(角川文庫)、『生物圏の形而上学 ―宇宙・ヒト・微生物―』(青土社)、『超ヤバい話―地球・人間・エネルギーの危機と未来』(さくら舎)などがある。

「2020年 『我々はどう進化すべきか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長沼毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
中村 文則
西 加奈子
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子を本棚に登録しているひと

ツイートする
×