21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.65
  • (24)
  • (44)
  • (49)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 627
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デザイン思考の定義について

    pp.24
    【イノベーションを起こすための3つの輪】
    「欧米のデザインスクールにおけるカリキュラムを理解する上で、基本的な考え方が『イノベーションを担う3つの輪』です。『デザイン、ビジネス、エンジアリングの3つの要素が協働することでイノベーションを生み出すことができる』」
    ・デザイン:構想
    ・ビジネス:商売
    ・エンジアリング:実現

    pp.40
    【デザイン思考はハイブリッド思考法】
    「ID(イリノイ工科大 デザインスクール)に通うデザイナーが目指す思考スタイルは、左脳と右脳の両方を活用したハイブリッドな思考です。」
    左脳の論理的思考と、右脳の創造的思考が合わさったのがデザイン思考


    pp.76
    【デザイン思考とは型である】
    「デザイン思考のプロセスを学ぶことは、柔道でいう『型』を習うようなもので、型の練習を繰り返しながら、最終的にはその心構えを学ぶというようなことではないかということです。」


    pp.93
    【デザイン思考とは世界をちょっと良くするためのもの】
    「デザイン思考とは『人間中心デザイン』とも呼ばれていましたが、人間中心という言葉の魂にある「人間が常に中心にあり、より人間らしい生活を構想し、それを実現するためにデザインの力を使う」という面が非常に重要だと思います。」

    pp.99
    【デザイン思考は繰り返し繰り返し行うもの】
    「デザイン思考のプロセスは、ステップではなく、何度も行き来を繰り返して質を上げていくものなので、同じガイドでも地図というよりは羅針盤に近いものです。」


    pp.102
    【デザイン思考の目的はゼロベースで発想すること】
    「デザイン思考によるデザインプロセスを実践する目的は、『人の生活に寄り添った商品やサービスを、ゼロベースで発想する』ことです。」
    ただゼロベースで発想するのではなく、リサーチを行って得た具体的なインサイトに基づいて発想する


    pp.105
    【「客観的な正しさ」よりも「主観的で面白いストーリー」を集める】
    「デザイン思考においては、誰もが同意できる『客観的な正しさ』よりも、アイデアを生み出すためのユニークな『主観的だが面白いストーリー』を集める」
    とにかく枠組みを外し、新たな視点を獲得することが重要


    pp.191
    【デザイン思考はビジネスマンに価値がある】
    「『デザイン思考』は、デザイナーが0から1を生んでいくために無意識に実践している考え方を、ビジネスマンが新たな価値を生み出すための方法論として整理してものです。」



    「枠組み」を外す記述の抜粋


    pp.44
    【自分が見ていた世界と違う幅の世界に触れる】
    「重要なことは、普段自分が無意識に接している世界とまったく違う振れ幅の世界に触れることで、発想を広げることができます。」

    pp.58
    【前提を壊すことで新たなアイディアを生む】
    「既存のビジネスを壊すような飛躍した大きなアイディアを、いきなり自分だけで出すのは難しいことです。それは無意識に今の常識を前提としておいてしまっているためです。」

  • ・デザインは、作り出すということ。0→1、と言われている部分。エンジニアリングは、ビジョンを具現化すること。ビジネスはあるものを最適化、最大化するプロセス。
    ・デザイン思考が流行っている一因として、従来の「生産者本位な」ビジネスではニーズの多様化により対応しづらくなってきたため、「人を中心に考える」というデザイン思考が盛り上がったということ。
    ・デザインは主にこのような要素で解釈されていると判断した。(①課題を解決するための手法設計②右脳や五感をフルで使う人間性の解放③プロトタイプなどやりながらフレキシブルに変えていくスタンス)

  • デザイン思考の必要性を感じて、KUADの門を叩いたのだが、なにか違うなぁ〜と漠然と思っていた。そのところに、本書に出会った。

    デザイン思考の重要性を具現化しており、嬉しくなった。
    そうそうこういうのをやりたいと思っていた、その通りのことが書いてあった。

    今後のライフプランに大きな影響を与えた一冊。

  • アートとしてのデザインシンキングとサイエンスとしてのロジカルシンキングこの二つは0→100を達成させるうえで大切なものである。
    デザインシンキングの本の中でWhy(なんでデザインシンキングが必要なのか)の部分が書いてあり、そこが社会に出ていない身としてはわかりやすかった。

  • よく網羅はされてる

  • いわゆるデザイン思考の指南本であり、とても簡易な表現で書かれているので初心者向けかなと思う。私が知りたかった「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」はほとんど書かれておらず、タイトルと内容が違うと言いたい。

  • デザイン思考は興味をそそられるのだけれども、やはり難しいのか、自分には習得できそうにないと改めて感じることになった一冊。

  • デザイン思考に関する入門書で、その意義から、実践的な活用法、さらに流行りのツールの紹介を、学術・実践の両面から説明している。
    考え方の素晴らしさもですが、非常に学びの深い内容でした。何度も読んで、活用できるようになりたいです。

  • マーケとかしてた人がデザインの大学院に行ってまとめた本。上がってる文献とかは面白い。クリエイティブなのはデザインだけじゃない。

全50件中 1 - 10件を表示

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由のその他の作品

佐宗邦威の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
チップ・ハース
ベン・ホロウィッ...
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由を本棚に登録しているひと

ツイートする