職業としてのプロ経営者 -プロフェッショナルマネジャー論-

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
4.08
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374350

作品紹介・あらすじ

31名の若きプロ経営者に聞いたリサーチ結果を分析、一挙公開!プロ経営者はなぜ経営者になり得たのか?経営者になるべき人が経験しておくべきこととは?コンサルタントや留学経験は必要なのか。人生を一変させる「経営者」という生き方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プロ経営者という職種を初めて知った。
    自分の特性的には近いものがあると感じて本を手に取ったが、当然険しい道であると書かれており。
    でも、面白そうな道だと感じた。
    自分の道はこれに決めた!と大それたことを言おうとは思わないが、まだまだ自分は甘いなと感じ、日々もっと精進せねばと思わされた。

    【印象に残ったフレーズ】
    ・プロ経営者は、プロスポーツ選手と同じ。自己研磨し、チームを勝たせる人が国内外で選び選ばれ、スカウトされ、活躍する。
    ・3種類、外資系の日本支社長(本国から見れば事業部長レベル)、ファンド系から送り込まれる社長、オーナー系社長(中小企業含む。オーナーから声がかかって就任することが多い)。
    ・結果がすべてで解任と常に隣り合わせだからこそ報酬も高い。Pay at Risk.
    ・継続的な学習、非連続の経験(試練)、プロフェッショナルを極める経験、ロジックだけでなく感情に訴えて人を動かす経験
    ・マネジャーは組織上の役割を全うする者でHOW主軸、リーダーは人の信頼を勝ち取り動かし正しきあるべき姿に向かう者でWHAT主軸。
    ・敵対心すら抱く年上の部下や古参社員の信頼を得る、このリーダーと仕事をすると自分にいいことがあると思ってもらう、そうして動かしていけないと機能せず、本当の成果は得られない。
    ・「自分で思ったてたほど優秀でもなんでもなかった」経験とそれを乗り越える経験をどれだけ積めるか ←まだ足りない
    ・職務経歴書を"beautiful resume"になるよう磨く。
    ・社長を任されるには、社長業や事業責任を負う経験が必須。40代になるなら、30代で1万時間の社長業や事業責任の経験が必要。
    ・人は学習を辞めた時に老いる。20歳の老人もいれば、80歳の若者もいる。
    ・最初の3〜4年は普通のビジネスパーソンと変わらない。20代後半は、並の人はゆったりし始めプライベートの充実を図るが、プロ経営者はむしろさらに成長曲線を上方修正する。そのためにMBAやコンサル転職で環境を変える。30代にはプロジェクト責任者となり、収益責任を負う事業責任者を経験。40代にはベテラン経営者として、社長職で迎えられて手腕を発揮する(ただしこのときも新たなもがき苦しみを経験し続ける)。50代以降も新たな地で新たな挑戦を続ける限り、新たな試練は待っている。
    ・時代や企業の成長段階や置かれている状況によって、とるべきリーダーシップの形を変える必要がある。専制君主、調整者、変革者、支援者などのタイプがある。(リーダーシップ3.0)
    ・リーダーシップとは、付き従う者がいること。それは信頼されることであり、それはリーダーの言うことが真意であると思ってもらえること。それは真摯さに対する呼応。

  • 多くの経営者の経験に基づいた考え方や失敗談が書かれている。もっと人数が少なくてよいので、より深い内容が欲しかった。コンサルは言うだけかと思っていたが、自らがトップで旗を振り、リスクに挑む人がいるとは知らなんだ(ーー;)

  • 今年トップ10に入るくらいいい本だと。

  • 31名にもおよぶプロ経営者へのインタビューを掲載し、彼らの失敗話などを多く紹介しています。
    プロ経営者という生き方もあるということを知った。

  • 非常に面白い。が、キャリアインキュベーションのホームページの方がより詳細にプロ経営者のコメントが読めるのが、本書独自の価値がなく、残念。出版したことで、プロ経営者というキャリアの存在を広く知らしめたことは価値があるだろうが。

    プロ経営者となるためには、まずは早いタイミングで上級管理職の打席に立つことが大事。
    プロ経営者の類型としては、オーナー企業、外資系企業、ファンド投資先企業がある。起業はプロ経営者からは外れるし、伝統的大企業はまず外部から経営者を招聘しない。
    オーナー企業の場合、外部招聘した人物が優秀なら面白くないし、優秀でないなら放出される可能性がある。
    外資系企業の日本法人トップといえど、所詮はローカルのトップなので、権限はさほどない。目標とされる予算も高い。外資系企業(事業会社)のトップになるには、セールスマーケティングの経験が必要。
    海外経験で日本の外から日本を見つめる経験が必要。

全5件中 1 - 5件を表示

職業としてのプロ経営者 -プロフェッショナルマネジャー論-のその他の作品

職業としてのプロ経営者 Kindle版 職業としてのプロ経営者 小杉俊哉

小杉俊哉の作品

ツイートする