自分を変える習慣力 (Business Life 1)

著者 :
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
3.45
  • (42)
  • (98)
  • (120)
  • (32)
  • (8)
本棚登録 : 1360
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374442

作品紹介・あらすじ

この本を読んで毎朝5時起きを始めた。すると、食生活や働き方、体型、お金の使い方、すべてが変わった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【実戦内容】
    毎朝6時前に起きる
    ・軽く運動する
    ・朝食をとる
    ・読書
    ・勉強

    【要約】
    スイッチとなる習慣を身につければ人生は変わる。習慣は必ず1つずつ!3ヶ月以上必ずつづけること

    【感想】
    要約以上のことは書いていないが、それだけ習慣力がすごいということを納得させられる本でした

  • 気になったのは断捨離習慣。特に読書。
    複数回本を読んで深く掘り下げる
    読書も習慣化したい。

  • 習慣に対する考え方が自分と似ていると感じた。一気に色々とやろうとするのではなく、少しずつ慣らしていく。勉強にも同じ考え方ができて、本当に軽いところから始めることが大事。成果が出ることを急がず、地道に過程を経ていくことの重要さを改めて認識させてくれた。
    幅広く様々な習慣に触れていることは、好感を持って読み進められた。感謝します。

  • 小さなアクションを起こし続ける。
    人間の行動は潜在意識に支配されている。
    潜在意識は、安心安全第一。この欲求を満たしながら潜在意識に染み込ませる。
    無理しない。まずは一つのことに集中する。
    成果を上げるのではなく、定着を優先する。
    ティッピングポイントを超えるまで続ける。
    毎日続けられることをひとつだけ、毎日チェックする。
    自分とアポイントを取る習慣。人の予定に流されない。
    自分以上に大切な人はいない。自己決定力をつける。
    新しいことを学習すると、新しいニューロンが成長する。
    普段やらないことをやる、という習慣をつける。
    迷ったら普段やらないことをやる。
    2分間、ハイパワーポーズを取る。ホルモンが活性化する。
    すべての悩みは対人関係である=アドラー。
    相手を承認する習慣。相手の話を手を止めて聞く。
    なぜ?ではなく、どうしたら?と考える。

  • 良い習慣を始めると悪い習慣がすべて変わると書かれてます。

    そして三日坊主で終わらないようにするには、成果ではなく定着させることが大切だということ

    何かを始める時には無理な目標や成果を求めると
    潜在意識の強烈な抵抗に会い、長続きしなくなるという理由です。

    自分も健康上の理由から運動をやってますけど

    色々やってみたけど、どれも長続きせず、うまく行かなかったけど

    今やってる運動は、半年以上続いていて成果も出てきてます。

    この本に書かれているように、無理をせず

    このまま自分の習慣にできればいいと思ってます!

  • だいたい知ってる内容だったが、自分を形作るのは習慣なので、悪い習慣をなくし良い習慣付けをすると自然と自分も変わっていくというのは納得。

  • 習慣に関する本を初めて読みました。
    内容は分かりやすかったので実践して行きたいです。

  • 一つの習慣で人生が好転するよ、というお話

  • 小さな習慣の違いが大きな差を生む
    特別なことをするために特別なことをするのではない。特別なことをするために普段通りの当たり前のことをする。
    習慣は才能を超える

  • 単純 続ける これがなかなか
    なぜではなくどうしたら
    傾聴

全109件中 1 - 10件を表示

プロフィール

人材育成・組織開発コンサルタント/エグゼクティブコーチ、株式会社チームダイナミクス代表取締役

自分を変える習慣力 (Business Life 1)のその他の作品

三浦将の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
佐々木 圭一
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

自分を変える習慣力 (Business Life 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする