間違いだらけのビジネス戦略

著者 : 山田修
  • クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2015年11月13日発売)
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784844374459

作品紹介・あらすじ

ビジネスシーンを騒がせた「失敗」に学ぶ「戦略の本質」。元祖「企業再生経営者」の超人気連載をまとめ読み!

間違いだらけのビジネス戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 起こったことに適当な解説を加えただけに見える。将来予想もかなり「ハズして」いて、マクド→ベネッセの原田氏を称賛しているところなど、確かに「間違いだらけ」であった。

  • 2015年のビジネスの話題を切る。Webで連載されたものを、切り口別でまとめている。自慢話くさいところもあるが、納得する部分も。

  • 本人がMBA(三流大学)ホルダー、転職多数ということで、自称経営コンサルタントとして持論を展開してる。

    正直に言ってこの本には中身がない。
    著者に知性を感じない。
    何もきちんと検証されておらず、表面的なコメントに終始している。

    常に掲載されている企業戦略の良いところは「自分も同じ」、失敗しているところは「俺のほうが上」という展開。

    現在、献本することで多くのブロガーに本著を紹介させている。
    ビジネスジャーナルにもコラムを連載し、なんとか自分の本を売りたいと死に物狂いである。

    本著には「ヤマダ電機の「成長限界」について、私は2014年末に指摘していました。
    15年に入ると、はたして「大量閉店」という大きな動きが出ました。」というように、後出しにもかかわらず「俺が先に指摘した」という話が随所に見られる。まさにインチキ経営コンサルタントの真骨頂だ。

    個人的に、この人物はすぐに「この会社は潰せ」とか「この会社はダメだ」とか言うので大嫌い。
    その先にいる人たちのことを考えられない人間が経営者になるとその会社は悲惨だ。
    そういう人間を育成するべく活動している山田修は存在しているだけで社会悪だと思う。

  • 現代のビジネス最前線かもしれないし、一定の役割はあるが、深みという意味ではまだいまいちだと感じます。

全4件中 1 - 4件を表示

間違いだらけのビジネス戦略のその他の作品

1-B01MXUMCWKの詳細を見る Audible版 1-B01MXUMCWK 山田修

山田修の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・P・...
伊賀 泰代
松下 幸之助
佐々木 圭一
ベン・ホロウィッ...
三谷 宏治
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

間違いだらけのビジネス戦略はこんな本です

ツイートする